第1章 インストールの概要

セルフホストエンジンのインストールには Ansible および RHV-M Appliance (事前設定された Manager 用仮想マシンのイメージ) が使用され、以下のタスクを自動化しています。

  • 最初のセルフホストエンジンノードの設定
  • そのノードへの Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンのインストール
  • その仮想マシンへの Red Hat Virtualization Manager のインストールと設定
  • セルフホストエンジン用ストレージドメインの設定
注記

RHV-M Appliance が使用されるのはインストール時だけです。Manager のアップグレードには使用されません。

セルフホストエンジン環境をインストールするステップは、以下のとおりです。

  1. セルフホストエンジン用ストレージドメインおよび通常のストレージドメインに使用するストレージを準備します。以下のストレージタイプのいずれかを使用することができます。

  2. インストールを実行するデプロイメントホストをインストールします。このホストが最初のセルフホストエンジンノードになります。以下のホストタイプのいずれかを使用することができます。

  3. Red Hat Virtualization Manager をインストールおよび設定します。

  4. Manager にさらにセルフホストエンジンノードおよび通常のホストを追加します。セルフホストエンジンノードは Manager 用仮想マシンおよびその他の仮想マシンを実行することができます。通常のホストは Manager 用仮想マシンを実行することはできませんが、その他すべての仮想マシンを実行することができます。

  5. Manager にさらにストレージドメインを追加します。セルフホストエンジン用ストレージドメインは、Manager 用仮想マシンだけが使用することを推奨します。
  6. データベースまたはサービスを Manager とは別のサーバーでホストする場合には、インストールの完了後にそれらを移行することができます。
重要

環境を最新の状態に維持してください。詳細は、https://access.redhat.com/articles/2974891 を参照してください。既知の問題に対するバグ修正が頻繁にリリースされるため、ホストおよび Manager の更新タスクをスケジュール化してください。