Cockpit Web インターフェースを使用したセルフホストエンジンの Red Hat Virtualization のインストール

Red Hat Virtualization 4.4

推奨される方法 — Cockpit を使用して、Red Hat Virtualization Manager の管理するホスト上で動作する仮想マシンとして Manager をインストールする

Red Hat Virtualization Documentation Team

Red Hat Customer Content Services

概要

本書では、自動インストールを設定および実行するために Cockpit Web インターフェースを使用して、セルフホストエンジン環境をインストールする方法について説明します。セルフホストエンジン環境とは、Red Hat Virtualization Manager (または「engine」) が、管理している環境と同じ環境内の特化したホスト上で実行される仮想マシン上にインストールされている環境のことです。これが希望する構成ではない場合には、『製品ガイド』 でその他の インストールオプション を参照してください。