6.4. Red Hat Virtualization Manager へのセルフホストエンジンノードの追加

セルフホストエンジンノードは、通常のホストと同じ方法で追加しますが、セルフホストエンジンノードとしてホストをデプロイするという追加のステップが必要です。共有ストレージドメインは自動的に検出され、ノードは必要に応じて Manager 用仮想マシンをホストするフェイルオーバー用ホストとして使用することができます。セルフホストエンジン環境に通常のホストをアタッチすることもできますが、Manager 用仮想マシンをホストすることはできません。Manager 用仮想マシンの高可用性を確保するためには、セルフホストエンジンノードを最低でも 2 つ用意します。追加のホストは、REST API を使用して追加することもできます。『REST API Guide』の「Hosts」を参照してください。

前提条件

  • セルフホストエンジンノードはすべて、同じクラスター内になければなりません。
  • セルフホストエンジンノードを再利用する場合は、既存のセルフホストエンジン設定を削除してください。「Removing a Host from a Self-Hosted Engine Environment」を参照してください。

手順

  1. 管理ポータルで コンピュートホスト をクリックします。
  2. 新規作成 をクリックします。

    ホストの追加設定に関する情報は、『Administration Guide』「Explanation of Settings and Controls in the New Host and Edit Host Windows」 を参照してください。

  3. ドロップダウンリストを使用して、新規ホスト用の データセンター および ホストクラスター を選択します。
  4. 新規ホストの 名前アドレス を入力します。SSH ポート フィールドには、標準の SSH ポートであるポート 22 が自動入力されます。
  5. Manager がホストにアクセスするために使用する認証メソッドを選択します。

    • パスワード認証を使用するには、root ユーザーのパスワードを入力します。
    • または、SSH 公開鍵 フィールドに表示される鍵をホスト上の /root/.ssh/authorized_keys にコピーして、公開鍵認証を使用します。
  6. ホストにサポート対象の電源管理カードが搭載されている場合には、オプションとして電源管理を設定することができます。電源管理の設定に関する詳細は、『Administration Guide』「Host Power Management Settings Explained」 を参照してください。
  7. ホストエンジン タブをクリックします。
  8. デプロイ を選択します。
  9. OK をクリックします。