Menu Close

1.4. クライアントマシンへのサポートコンポーネントのインストール

1.4.1. コンソールコンポーネントのインストール

コンソールは、仮想マシンの起動画面、シャットダウン画面、およびデスクトップの表示、そして物理マシンと同様の方法でその仮想マシンとの対話を可能にするグラフィカルウィンドウです。Red Hat Virtualization では、仮想マシンに対してコンソールを開くデフォルトのアプリケーションはリモートビューアーです。これは、使用する前にクライアントマシンにインストールする必要があります。

1.4.1.1. Red Hat Enterprise Linux でのリモートビューアーのインストール

リモートビューアーアプリケーションは、仮想マシンに接続するためのグラフィカルコンソールをユーザーに提供します。インストールが完了すると、仮想マシンで SPICE セッションを開こうとすると自動的に呼び出されます。または、スタンドアロンアプリケーションとして使用することもできます。リモートビューアーは、ベースの Red Hat Enterprise Linux Workstation リポジトリーおよび Red Hat Enterprise Linux Server リポジトリーで提供される virt-viewer パッケージに含まれています。

Linux でのリモートビューアーのインストール

  1. virt-viewer パッケージをインストールします。

    # yum install virt-viewer
  2. ブラウザーを再起動して、変更を適用します。

SPICE プロトコルまたは VNC プロトコルを使用して、仮想マシンに接続できるようになりました。

1.4.1.2. Windows でのリモートビューアーのインストール

リモートビューアーアプリケーションは、仮想マシンに接続するためのグラフィカルコンソールをユーザーに提供します。インストールが完了すると、仮想マシンで SPICE セッションを開こうとすると自動的に呼び出されます。または、スタンドアロンアプリケーションとして使用することもできます。

Windows でのリモートビューアーのインストール

  1. Web ブラウザーを開き、システムのアーキテクチャーに従って、以下のインストーラーのいずれかをダウンロードします。

    • 32 ビット Windows の virt-viewer:

      https://your-manager-fqdn/ovirt-engine/services/files/spice/virt-viewer-x86.msi
    • 64 ビット Windows の virt-viewer:

      https://your-manager-fqdn/ovirt-engine/services/files/spice/virt-viewer-x64.msi
  2. ファイルが保存されるフォルダーを開きます。
  3. ファイルをダブルクリックします。
  4. セキュリティー警告が表示された場合は、Run をクリックします。
  5. User Account Control が表示されたら Yes をクリックします。

リモートビューアーがインストールされ、起動メニューの すべてのプログラムVirtViewer フォルダーにある Remote Viewer 経由でアクセスできます。