Menu Close

2.4. ゲストエージェントおよびドライバーのインストール

2.4.1. Red Hat Virtualization ゲストエージェント、ツール、およびドライバー

Red Hat Virtualization ゲストエージェント、ツール、およびドライバーは、仮想マシンに追加の機能を提供します。たとえば、VM ポータルおよび管理ポータルから仮想マシンを正常にシャットダウンまたは再起動するなどの機能を提供します。ツールおよびエージェントは、以下を含む仮想マシンの情報も提供します。

  • リソースの使用状況
  • IP アドレス
  • インストールされているアプリケーション

ゲストエージェント、ツール、およびドライバーは、仮想マシンにアタッチすることのできる ISO ファイルとして配布されます。この ISO ファイルは、Manager マシンからインストールおよびアップグレードが可能な RPM ファイルとしてパッケージ化されています。

そのマシンでこの機能を有効にするには、ゲストエージェントおよびドライバーを仮想マシンにインストールする必要があります。

表2.1 Red Hat Virtualization ゲストドライバー

ドライバーDescription対象

virtio-net

準仮想化ネットワークドライバーは、rtl などのエミュレートされたデバイスでパフォーマンスを強化します。

サーバーとデスクトップ

virtio-block

準仮想化 HDD ドライバーは、仮想マシンとハイパーバイザー間の調整と通信を最適化することで、IDE などのエミュレートされたデバイスよりも I/O パフォーマンスを向上させます。ドライバーは、ホストが使用する virtio-device のソフトウェア実装を補完して、ハードウェアデバイスの役割を果たします。

サーバーとデスクトップ

virtio-scsi

準仮想化 iSCSI HDD ドライバーは、virtio-block デバイスと同様の機能を提供します。これには、いくつかの追加機能があります。特に、このドライバーは数百ものデバイスの追加をサポートし、標準のSCSIデバイス命名スキームを使用してデバイスに名前を付けます。

サーバーとデスクトップ

virtio-serial

Virtio-serial は、複数のシリアルポートのサポートを提供します。改善されたパフォーマンスは、ネットワークの複雑化を回避する仮想マシンとホスト間の高速通信に使用されます。この高速通信は、ゲストエージェント、および仮想マシンとホスト間のクリップボードのコピーアンドペーストやログ記録などの他の機能に必要です。

サーバーとデスクトップ

virtio-balloon

Virtio-balloon は、仮想マシンが実際にアクセスするメモリー量を制御するために使用されます。これにより、メモリのオーバーコミットメントが改善されます。

サーバーとデスクトップ

qxl

準仮想化ディスプレイドライバーは、ホストのCPU使用率を削減し、ほとんどのワークロードでネットワーク帯域幅を削減することでパフォーマンスを向上させます。

サーバーとデスクトップ

表2.2 Red Hat Virtualization ゲストエージェントおよびツール

ゲストエージェント/ツールDescription対象

ovirt-guest-agent-common

Red Hat Virtualization Manager が、IP アドレスやインストールされたアプリケーションなどの内部仮想マシンイベントや情報を受信できるようにします。また、Manager は、シャットダウンや再起動などの特定のコマンドを仮想マシンで実行できます。

Red Hat Enterprise Linux 6 または 7 を実行している仮想マシンで、ovirt-guest-agent-common は仮想マシンに tuned をインストールし、最適化された仮想マシンプロファイルを使用するようにこれを設定します。Red Hat Enterprise Linux 8 仮想マシンで qemu-guest-agent を使用します。

サーバーとデスクトップ

qemu-guest-agent

Red Hat Enterprise Linux 8 仮想マシンで ovirt-guest-agent-common の代わりに使用されます。これはデフォルトでインストールされ、有効になっています。

サーバーとデスクトップ

spice-agent

SPICE エージェントは複数のモニターをサポートしており、クライアントマウスモードをサポートし、QEMU エミュレーションよりも優れたユーザーエクスペリエンスと改善された応答性を提供します。カーソルキャプチャーは client-mouse-mode では必要ありません。SPICEエージェントは、色深度、壁紙の無効化、フォントスムージング、アニメーションなどの表示レベルを下げることにより、広域ネットワークで使用する場合の帯域幅の使用量を減らします。SPICEエージェントは、クリップボードのサポートを有効にし、クライアントと仮想マシン間のテキストとイメージの両方のカットアンドペースト操作、およびクライアント側の設定に応じた自動ゲスト表示設定を可能にします。Windows ベースの仮想マシンでは、SPICE エージェントは vdservice および vdagent で構成されます。

サーバーとデスクトップ

rhev-sso

Red Hat Virtualization Manager へのアクセスに使用する認証情報に基づいて、ユーザーが仮想マシンに自動的にログインできるようにするエージェント。

デスクトップ