6.3. Manager の 4.1 から 4.2 へのアップグレード

Red Hat Virtualization Manager を 4.1 から 4.2 にアップグレードします。

重要

アップグレードに失敗すると、engine-setup コマンドは Red Hat Virtualization Manager のインストール設定を以前の状態にロールバックするように試みます。そのため、アップグレードを完了するまで、前のバージョンのリポジトリーを削除するべきではありません。アップグレードに失敗した場合は、インストールの復元方法を詳しく説明した手順が表示されます。

手順

  1. Manager マシンにログインします。
  2. Red Hat Virtualization 4.2 のリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4.2-manager-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
        --enable=jb-eap-7-for-rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2-rpms

    その他のリポジトリーは、どの Red Hat Virtualization リリースでもすべて同じです。

  3. setup のパッケージを更新します。

    # yum update ovirt\*setup\*
  4. engine-setup コマンドを実行し、プロンプトに従って Red Hat Virtualization Manager をアップグレードします。

    # engine-setup
  5. Red Hat Virtualization 4.1 のリポジトリーを無効にして、このシステムで 4.1 のパッケージが使用されないようにします。

    # subscription-manager repos \
        --disable=rhel-7-server-rhv-4.1-rpms \
        --disable=rhel-7-server-rhv-4.1-manager-rpms \
        --disable=rhel-7-server-rhv-4-tools-rpms \
        --disable=jb-eap-7.0-for-rhel-7-server-rpms \
        --disable=jb-eap-7.1-for-rhel-7-server-rpms
  6. ベースオペレーティングシステムを更新します。

    # yum update
    重要

    いずれかのカーネルパッケージが更新された場合には、マシンを再起動してアップグレードを完了してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。