付録B Red Hat Virtualization Manager をオフラインでインストールするためのローカルリポジトリーの更新

ローカルリポジトリーから FTP 経由でパッケージを受信するシステム上に Red Hat Virtualization Manager がホストされている場合には、そのリポジトリーを定期的に同期してコンテンツ配信ネットワークからパッケージをダウンロードしてから、Manager システムの更新またはアップグレードを行う必要があります。更新パッケージは、セキュリティー問題、バグ修正、拡張機能の追加に対応します。

  1. リポジトリーをホストするシステムで、リポジトリーを同期して利用可能な各パッケージの最新バージョンをダウンロードします。

    # reposync -l --newest-only /var/ftp/pub/rhevrepo

    このコマンドにより多数のパッケージがダウンロードされ、完了するのに長時間を要する場合があります。

  2. Manager システムでリポジトリーが利用可能であることを確認してから、Manager システムを更新/アップグレードします。マイナーバージョン間で Manager を更新する手順は「Red Hat Virtualization Manager の更新」を、メジャーバージョン間でアップグレードする手順は「Red Hat Virtualization アップグレードの概要」を、それぞれ参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。