第8章 Red Hat Virtualization 4.0 から 4.3 へのセルフホストエンジンのアップグレード

4.0 の互換バージョンは Red Hat Virtualization 4.2 以降サポートされていません。したがって、Red Hat Virtualization 4.0 からアップグレードする場合には、クラスターおよびデータセンターの互換バージョンを最低でも 4.1 に更新してから、Manager を 4.2 から 4.3 にアップグレードする必要があります。その後、Manager のアップグレードを完了してから、再び互換バージョンを更新します。

互換バージョンを更新する前にホストも更新する必要がありますが、更新は一度だけで十分です。ホストのリポジトリーはどの Red Hat Virtualization バージョンでも同じなので、一度更新すればホストは最新のバージョンにアップグレードされます。

お使いの環境を 4.0 から 4.3 にアップグレードするステップは、以下のとおりです。

前提条件

  • 仮想マシンで必要となるダウンタイムについて計画されていること。アップグレードプロセスでクラスターの互換バージョンを更新した後、それぞれの仮想マシンを再起動すると新しいハードウェア設定が自動的に適用されます。すべての実行中またはサスペンド中の仮想マシンを直ちに再起動して、設定変更を適用する必要があります。
  • お使いの環境が Red Hat Virtualization 4.3 の要件を満たしていること。すべての前提条件の一覧は、『Planning and Prerequisites Guide』を参照してください。

8.1. グローバルメンテナンスモードの有効化

Manager 用仮想マシンに関する設定またはアップグレード作業を実施する前に、セルフホストエンジン環境をグローバルメンテナンスモードに切り替える必要があります。

手順

  1. セルフホストエンジンノードのいずれかにログインして、グローバルメンテナンスモードを有効にします。

    # hosted-engine --set-maintenance --mode=global
  2. 作業を進める前に、環境がメンテナンスモードにあることを確認します。

    # hosted-engine --vm-status

    クラスターがメンテナンスモードにあることを示すメッセージが表示されるはずです。