第5章 Red Hat Virtualization 4.0 から 4.3 へのリモートデータベース環境のアップグレード

4.0 の互換バージョンは Red Hat Virtualization 4.2 以降サポートされていません。したがって、Red Hat Virtualization 4.0 からアップグレードする場合には、クラスターおよびデータセンターの互換バージョンを最低でも 4.1 に更新してから、Manager を 4.2 から 4.3 にアップグレードする必要があります。その後、Manager のアップグレードを完了してから、再び互換バージョンを更新します。

互換バージョンを更新する前にホストも更新する必要がありますが、更新は一度だけで十分です。ホストのリポジトリーはどの Red Hat Virtualization バージョンでも同じなので、一度更新すればホストは最新のバージョンにアップグレードされます。

お使いの環境を 4.0 から 4.3 にアップグレードするステップは、以下のとおりです。

前提条件

  • 仮想マシンで必要となるダウンタイムについて計画されていること。アップグレードプロセスでクラスターの互換バージョンを更新した後、それぞれの仮想マシンを再起動すると新しいハードウェア設定が自動的に適用されます。すべての実行中またはサスペンド中の仮想マシンを直ちに再起動して、設定変更を適用する必要があります。
  • お使いの環境が Red Hat Virtualization 4.3 の要件を満たしていること。すべての前提条件の一覧は、『Planning and Prerequisites Guide』を参照してください。

5.1. Red Hat Virtualization Manager の更新

Red Hat Virtualization Manager の更新はコンテンツ配信ネットワーク (CDN) 経由でリリースされます。

手順

  1. Manager マシンにログインします。
  2. 更新パッケージが利用可能かどうかを確認します。

    # engine-upgrade-check
  3. setup のパッケージを更新します。

    # yum update ovirt\*setup\*
  4. engine-setup スクリプトを使用して Red Hat Virtualization Manager を更新します。engine-setup スクリプトにより、設定に関する質問への回答が求められます。その後、ovirt-engine サービスの停止、更新パッケージのダウンロード/インストール、データベースのバックアップ/更新、インストール後設定の実施を経てから、ovirt-engine サービスが起動します。

    # engine-setup

    スクリプトが正常に完了すると、以下のメッセージが表示されます。

    Execution of setup completed successfully
    注記

    engine-setup スクリプトは Red Hat Virtualization Manager のインストールプロセス中にも使用され、指定した設定値が保存されます。更新時には、設定のプレビューの際に保存された値が表示されますが、インストール後の設定変更に engine-config を使用している場合には、表示される値が最新のものではない可能性があります。たとえば、インストール後に engine-config を使用して SANWipeAfterDeletetrue に変更している場合、engine-setup による設定プレビューでは「Default SAN wipe after delete: False」と出力されますが、変更した値が engine-setup により上書きされるわけではありません。

    重要

    更新プロセスには時間がかかる場合があるため、更新プロセスが完了するまでの時間を計算に入れて、一旦更新を開始したらプロセスを停止しないようにしてください。

  5. Manager にインストールされているベースオペレーティングシステムと、オプションパッケージを更新します。

    # yum update
    重要

    いずれかのカーネルパッケージが更新された場合には、マシンを再起動して更新を完了してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。