2.10. 仮想マシンのクラスター互換バージョンの変更

クラスターの互換バージョンを変更したら、実行中またはサスペンド中のすべての仮想マシンについてクラスターの互換バージョンを変更する必要があります。そのためには、ゲストオペレーティングシステム内からではなく、管理ポータルから、または REST API を使用して仮想マシンを再起動します。再起動が必要な仮想マシンには、変更が保留されていることを示すアイコン ( pendingchanges ) が付きます。

別途適切な時期に仮想マシンを再起動することもできますが、仮想マシンで最新の設定が使用されるように、直ちに再起動することを強く推奨します。再起動していない仮想マシンは以前の設定で動作し、さらに仮想マシンの設定が変更された場合には、保留中のクラスター互換バージョンが上書きされる場合があります。

手順

  1. 管理ポータルで コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 再起動が必要な仮想マシンを確認します。Vms: 検索バーに以下のクエリーを入力します。

    next_run_configuration_exists=True

    検索結果に、変更が保留中の仮想マシンがすべて表示されます。

  3. それぞれの仮想マシンを選択し、再起動 をクリックします。

仮想マシンが起動すると、新しい互換バージョンが自動的に適用されます。

注記

プレビュー状態にある仮想マシンスナップショットについては、クラスター互換バージョンを変更することができません。まずコミットするか、プレビューを取り消す必要があります。

次に、データセンターの互換バージョンを 4.3 に変更してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。