第5章 Red Hat Virtualization 用ストレージの準備

新たな環境のストレージドメインとして使用するストレージを準備します。Red Hat Virtualization 環境には少なくとも 1 つのデータストレージドメインが必要ですが、さらに追加することを推奨します。

データドメインには、データセンター内の仮想マシンおよびテンプレートの仮想ハードディスクと OVF ファイルを格納します。このドメインは、アクティブな間は複数のデータセンター間で共有することはできません (ただし、データセンター間で移行することは可能です)。複数のストレージタイプのデータドメインを同じデータセンターに追加することは可能ですが、それらはすべてローカルドメインではなく、全ホストがアクセス可能なドメインであることが条件となります。

以下のストレージタイプのいずれかを使用することができます。

5.1. NFS ストレージの準備

Red Hat Enterprise Linux サーバー上でストレージドメインとして機能する NFS 共有を設定します。

NFS の準備および設定に関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 ストレージ管理ガイド』「NFS (Network File System)」を参照してください。

Red Hat Virtualization には、特定のシステムユーザーアカウントおよびシステムユーザーグループが必要です。これにより、Manager はストレージドメイン (エクスポートしたディレクトリー) にデータを保管することができます。以下の手順では、1 つのディレクトリーのパーミションを設定しています。Red Hat Virtualization のストレージドメインとして使用するすべてのディレクトリーについて、chown および chmod のステップを繰り返す必要があります。

手順

  1. kvm というグループを作成します。

    # groupadd kvm -g 36
  2. ユーザー vdsm を作成してグループ kvm に追加します。

    # useradd vdsm -u 36 -g 36
  3. エクスポートディレクトリーの所有権を 36:36 に設定すると、vdsm:kvm に所有権が付与されます。

    # chown -R 36:36 /exports/data
  4. 所有者に読み取り/書き込みアクセスを許可し、グループおよびその他のユーザーに読み取り/実行アクセスを許可するように、ディレクトリーのモードを変更します。

    # chmod 0755 /exports/data

5.2. iSCSI ストレージの準備

Red Hat Virtualization は、LUN で構成されるボリュームグループから作成されるストレージドメインである iSCSI ストレージをサポートします。ボリュームグループおよび LUN は、いずれも同時に複数のストレージドメインにアタッチすることはできません。

iSCSI ストレージの準備および設定に関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 ストレージ管理ガイド』「オンラインストレージ管理」を参照してください。

重要

ブロックストレージを使用する際、仮想マシンを Raw デバイスまたは直接 LUN にデプロイし、論理ボリュームマネージャーで管理する場合は、フィルターを作成してゲストの論理ボリュームを除外する必要があります。これにより、ホストの起動時にゲストの論理ボリュームがアクティブ化されるのを防ぐことができます。アクティブ化されると、論理ボリュームと論理ボリュームマネージャーのメタデータが同期しなくなり、データ破損が生じる可能性があります。詳細については、「RHV: Hosts boot with Guest LVs activated」を参照してください。

重要

現状、Red Hat Virtualization はブロックサイズ 4K のストレージはサポートしていません。ブロックストレージはレガシー (512b ブロック) モードで設定する必要があります。

重要

SAN ストレージから起動したホストがストレージへの接続を失うと、ストレージファイルシステムは読み取り専用になり、接続が回復した後もその状態が続きます。

パスが利用可能な状況であればブート LUN が必ず再接続されるように、SAN のルートファイルシステムに以下のドロップインマルチパス設定ファイルを追加してください。

# cat /etc/multipath/conf.d/host.conf
multipaths {
    multipath {
        wwid boot_LUN_wwid
        no_path_retry queue
    }

5.3. FCP ストレージの準備

Red Hat Virtualization は、既存の LUN で構成されるボリュームグループからストレージドメインを作成する方法で、SAN ストレージをサポートしています。ボリュームグループおよび LUN は、いずれも同時に複数のストレージドメインにアタッチすることはできません。

Red Hat Virtualization システムの管理者には Storage Area Networks (SAN) の概念に関する作業知識が必要になります。SAN は通常、ホストと外部の共有ストレージ間のトラフィックに Fibre Channel Protocol (FCP) を使用します。このため、SAN は FCP ストレージとも呼ばれています。

Red Hat Enterprise Linux での FCP またはマルチパスの準備および設定に関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 ストレージ管理ガイド』および『Red Hat Enterprise Linux 7 DM Multipath』を参照してください。

重要

ブロックストレージを使用する際、仮想マシンを Raw デバイスまたは直接 LUN にデプロイし、論理ボリュームマネージャーで管理する場合は、フィルターを作成してゲストの論理ボリュームを除外する必要があります。これにより、ホストの起動時にゲストの論理ボリュームがアクティブ化されるのを防ぐことができます。アクティブ化されると、論理ボリュームと論理ボリュームマネージャーのメタデータが同期しなくなり、データ破損が生じる可能性があります。詳細については、「RHV: Hosts boot with Guest LVs activated」を参照してください。

重要

現状、Red Hat Virtualization はブロックサイズ 4K のストレージはサポートしていません。ブロックストレージはレガシー (512b ブロック) モードで設定する必要があります。

重要

SAN ストレージから起動したホストがストレージへの接続を失うと、ストレージファイルシステムは読み取り専用になり、接続が回復した後もその状態が続きます。

パスが利用可能な状況であればブート LUN が必ず再接続されるように、SAN のルートファイルシステムに以下のドロップインマルチパス設定ファイルを追加してください。

# cat /etc/multipath/conf.d/host.conf
multipaths {
    multipath {
        wwid boot_LUN_wwid
        no_path_retry queue
    }

5.4. POSIX 準拠ファイルシステムストレージの準備

POSIX ファイルシステムのサポートにより、通常コマンドラインから手動でマウントするときと同じマウントオプションを使ってファイルシステムをマウントすることができます。この機能は、NFS、iSCSI、または FCP 以外を使用してマウントするストレージへのアクセスを可能にすることを目的としています。

Red Hat Virtualization でストレージドメインとして使用する POSIX 準拠のファイルシステムは、Global File System 2 (GFS2) 等のクラスター化したファイルシステムで、かつスパースファイルおよびダイレクト I/O をサポートしている必要があります。たとえば、Common Internet File System (CIFS) は、ダイレクト I/O をサポートしていないので、Red Hat Virtualization との互換性はありません。

POSIX 準拠ファイルシステムストレージの準備および設定に関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux Global File System 2』を参照してください。

重要

POSIX 準拠ファイルシステムのストレージドメインを作成して、NFS ストレージを マウントしないでください。必ず、NFS ストレージドメインを作成してください。

5.5. ローカルストレージの準備

ホスト上にローカルストレージドメインをセットアップすることができます。ホストがローカルストレージを使用するように設定すると、そのホストは、他のホストを追加することができない新規データセンターとクラスターに自動的に追加されます。複数のホストで構成されるクラスターの場合は、全ホストが全ストレージドメインにアクセス可能である必要があり、ローカルストレージでは対応不可能です。単一ホストのクラスター内で作成された仮想マシンは、移行、フェンシング、スケジューリングはできません。

重要

Red Hat Virtualization Host (RHVH) の場合は、必ず / (ルート) とは異なるファイルシステム上にローカルストレージを定義すべきです。Red Hat では、アップグレード中のデータ喪失を防ぐために、別の論理ボリュームまたはディスクを使用することを推奨しています。

ローカルストレージの準備 (Red Hat Enterprise Linux ホスト向け)

  1. ホストで、ローカルストレージとして使用するディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /data/images
  2. vdsm ユーザー (UID 36) と kvm グループ (GID 36) がそのディレクトリーに読み取り/書き込みアクセスできるように、パーミッションを設定します。

    # chown 36:36 /data /data/images
    # chmod 0755 /data /data/images

ローカルストレージの準備 (Red Hat Virtualization Host 向け)

Red Hat では、以下のように論理ボリューム上に論理ストレージを作成することを推奨します。

  1. ローカルストレージディレクトリーを作成します。

    # mkdir /data
    # lvcreate -L $SIZE rhvh -n data
    # mkfs.ext4 /dev/mapper/rhvh-data
    # echo "/dev/mapper/rhvh-data /data ext4 defaults,discard 1 2" >> /etc/fstab
    # mount /data
  2. 新しいローカルストレージをマウントし、続いてパーミッションと所有者を変更します。

    # mount -a
    # chown 36:36 /data /rhvh-data
    # chmod 0755 /data /rhvh-data

5.6. Red Hat Gluster Storage の準備

Red Hat Gluster Storage の準備および設定に関する情報は、『Red Hat Gluster Storage Installation Guide』を参照してください。

Red Hat Virtualization でサポートされる Red Hat Gluster Storage のバージョンについては、「Red Hat Gluster Storage Version Compatibility and Support」を参照してください。

重要

Red Hat Virtualization 4.3 では、現在 Red Hat ハイパーコンバージドインフラストラクチャーはサポートされていません。