Menu Close

5.7. SAN ベンダーのマルチパス設定のカスタマイズ

マルチパス設定をカスタマイズするには、/etc/multipath.conf を変更しないでください。代わりに、/etc/multipath.conf をオーバーライドする新しい設定ファイルを作成します。

警告

仮想デスクトップおよびサーバーマネージャー (VDSM) をアップグレードすると、/etc/multipath.conf ファイルが上書きされます。multipath.conf にカスタマイズが含まれている場合、それを上書きするとストレージの問題が発生する可能性があります。

前提条件

  • このトピックは、マルチパス接続ストレージドメインを使用するように設定されているため、/etc/multipath.confファイルがあるシステムにのみ適用されます。
  • user_friendly_namesfind_multipaths の設定を上書きしないでください。詳細については、ref-Recommended_Settings_for_Multipath.conf_SM_localDB_deploy を参照してください。
  • ストレージベンダーからの要求がない限り、no_path_retrypolling_interval をオーバーライドしないでください。詳細については、ref-Recommended_Settings_for_Multipath.conf_SM_localDB_deploy を参照してください。

手順

  1. /etc/multipath.conf の設定値をオーバーライドするには、/etc/multipath /conf.d/ ディレクトリーに新しい設定ファイルを作成します。

    注記

    /etc/multipath/conf.d/ 内のファイルはアルファベット順に実行されます。名前の先頭に番号が付いたファイルの命名規則に従います。たとえば、/etc/multipath/conf.d/90-myfile.conf です。

  2. オーバーライドする設定を /etc/multipath.conf から /etc/multipath/conf.d/ の新しい設定ファイルにコピーします。設定値を編集し、変更を保存します。
  3. systemctl reload multipathd コマンドを入力して、新しい設定を適用します。

    注記

    multipathd サービスを再起動しないようにします。これにより、VDSM ログにエラーが生成されます。

検証手順

/etc/multipath.conf で VDSM が生成した設定を上書きする場合は、さまざまな障害シナリオで新規設定が想定どおりに実行されることを確認します。

たとえば、ストレージの接続をすべて無効にします。その後、一度に 1 つの接続を有効にし、これによりストレージドメインに到達可能であることを確認します。

トラブルシューティング

Red Hat Virtualization ホストで共有ストレージへのアクセスに問題がある場合は、/etc/multpath.conf および /etc/multipath/conf.d/ の下のファイルで、SAN と互換性のない値がないか確認してください。

関連情報