Menu Close

第5章 Red Hat Virtualization 用ストレージの準備

新たな環境のストレージドメインとして使用するストレージを準備します。Red Hat Virtualization 環境には少なくとも 1 つのデータストレージドメインが必要ですが、さらに追加することを推奨します。

データドメインには、データセンター内の仮想マシンおよびテンプレートの仮想ハードディスクと OVF ファイルを格納します。このドメインは、アクティブな間は複数のデータセンター間で共有することはできません (ただし、データセンター間で移行することは可能です)。複数のストレージタイプのデータドメインを同じデータセンターに追加することは可能ですが、それらはすべてローカルドメインではなく、全ホストがアクセス可能なドメインであることが条件となります。

以下のストレージタイプのいずれかを使用することができます。

5.1. NFS ストレージの準備

ファイルストレージまたはリモートサーバーで NFS 共有を設定し、Red Hat Enterprise Virtualization Host システムのストレージドメインとして機能するようにします。リモートストレージで共有をエクスポートし、Red Hat Virtualization Manager で共有を設定すると、共有は Red Hat Virtualization Host に自動的にインポートされます。

NFS の設定については、Red Hat Enterprise Linux 7 Storage Administration GuideNetwork File System (NFS) を参照してください。

NFS 共有をエクスポートする方法については、How to export 'NFS' share from NetApp Storage / EMC SAN in Red Hat Virtualization を参照してください。

Red Hat Virtualization には、特定のシステムユーザーアカウントおよびシステムユーザーグループが必要です。これにより、Manager はストレージドメイン (エクスポートしたディレクトリー) にデータを保管することができます。以下の手順では、1 つのディレクトリーのパーミションを設定しています。Red Hat Virtualization のストレージドメインとして使用するすべてのディレクトリーについて、chown および chmod のステップを繰り返す必要があります。

手順

  1. kvm グループを作成します。

    # groupadd kvm -g 36
  2. kvm グループに vdsm ユーザーを作成します。

    # useradd vdsm -u 36 -g 36
  3. エクスポートしたディレクトリーの所有権を 36:36 に設定します。これにより、vdsm:kvm の所有権が与えられます。

    # chown -R 36:36 /exports/data
  4. 所有者に読み取り/書き込みアクセスを許可し、グループおよびその他のユーザーに読み取り/実行アクセスを許可するように、ディレクトリーのモードを変更します。

    # chmod 0755 /exports/data