Menu Close

付録B 手動設定のローカル PostgreSQL データベースの準備

この手順を使用して、カスタム値で Manager データベースまたは Data Warehouse データベースをセットアップします。Manager を設定する前に、このデータベースを準備します。engine-setup の実行中に、データベースの認証情報を提示する必要があるためです。

注記

engine-setup および engine-backup --mode=restore コマンドは、システムロケールが異なる場合でも、en_US.UTF8 ロケールのシステムエラーメッセージだけをサポートします。

postgresql.conf ファイルのロケール設定は en_US.UTF8 に設定する必要があります。

重要

データベース名には、数字、アンダースコア、小文字しか使用できません。

Red Hat Virtualization Manager リポジトリーの有効化

システムを Red Hat Subscription Manager に登録し、Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションをアタッチして Manager のリポジトリーを有効にします。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
    注記

    IPv6 ネットワークを使用している場合は、IPv6 移行メカニズムを使用して、コンテンツ配信ネットワークおよびサブスクリプションマネージャーにアクセスします。

  2. Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を記録します。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
    注記

    現在アタッチされているサブスクリプションを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager list --consumed

    有効なリポジトリーをすべて一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # yum repolist
  4. リポジトリーを設定します。

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms \
        --enable=jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms

PostgreSQL データベースの初期化

  1. PostgreSQL サーバーパッケージをインストールします。

    # yum install rh-postgresql10 rh-postgresql10-postgresql-contrib
  2. PostgreSQL データベースを初期化し、postgresql サービスを開始して、このサービスが起動時に開始されることを確認します。

    # scl enable rh-postgresql10 -- postgresql-setup --initdb
    # systemctl enable rh-postgresql10-postgresql
    # systemctl start rh-postgresql10-postgresql
  3. psql コマンドラインインターフェースに postgres ユーザーとして接続します。

    su - postgres -c 'scl enable rh-postgresql10 -- psql'
  4. デフォルトユーザーを作成します。Manager のデフォルトのユーザーは engine で、Data Warehouse のデフォルトユーザーは ovirt_engine_history です。

    postgres=# create role user_name with login encrypted password 'password';
  5. データベースを作成します。Manager のデフォルトのデータベース名は engine で、Data Warehouse のデフォルトのデータベース名は ovirt_engine_history です。

    postgres=# create database database_name owner user_name template template0 encoding 'UTF8' lc_collate 'en_US.UTF-8' lc_ctype 'en_US.UTF-8';
  6. 新しいデータベースに接続します。

    postgres=# \c database_name
  7. uuid-ossp 拡張機能を追加します。

    database_name=# CREATE EXTENSION "uuid-ossp";
  8. plpgsql 言語が存在しない場合は追加します。

    database_name=# CREATE LANGUAGE plpgsql;
  9. psql インターフェースを終了します。

    database_name=# \q
  10. md5 クライアント認証を有効にして、データベースにリモートでアクセスできることを確認します。/var/opt/rh/rh-postgresql10/lib/pgsql/data/pg_hba.conf ファイルを編集し、ファイルの下部にある local で始まる行のすぐ下に次の行を追加し、XXXX を Manager または Data Warehouse マシンの IP アドレスに、0-32 または 0-128 をCIDR マスク長に置き換えます。

    host    database_name    user_name    X.X.X.X/0-32    md5
    host    database_name    user_name    X.X.X.X::/0-128   md5
  11. PostgreSQL サーバーの設定を更新します。/var/opt/rh/rh-postgresql10/lib/pgsql/data/postgresql.conf ファイルを編集し、ファイルの最後に次の行を追加します。

    autovacuum_vacuum_scale_factor=0.01
    autovacuum_analyze_scale_factor=0.075
    autovacuum_max_workers=6
    maintenance_work_mem=65536
    max_connections=150
    work_mem=8192
  12. postgresql サービスを再起動します。

    # systemctl restart rh-postgresql10-postgresql
  13. オプションで、http://www.postgresql.org/docs/10/static/ssl-tcp.html#SSL-FILE-USAGE の手順に従って、SSL を設定してデータベース接続をセキュリティー保護します。

「Red Hat Virtualization Manager のインストールおよび設定」 に戻り、データベースについて尋ねられた場合に Local および Manual と回答します。