Menu Close

付録A Red Hat Virtualization Manager をオフラインでインストールするためのローカルリポジトリーの設定

コンテンツ配信ネットワークに直接接続できないシステムに Red Hat Virtualization Manager をインストールするには、インターネットアクセスのあるシステムに必要なパッケージをダウンロードしてから、オフラインの Manager マシンと共有可能なリポジトリーを作成します。リポジトリーをホストするシステムはパッケージのインストール先となるクライアントシステムと同じネットワークに接続されている必要があります。

前提条件

  • コンテンツ配信ネットワークへアクセスできるシステムにインストールされた Red Hat Enterprise Linux 7 Server。このシステムは、必要なすべてのパッケージをダウンロードし、それらのパッケージをオフラインのシステムに配布します。
  • 十分なディスクの空き容量があること。この手順では、多数のパッケージをダウンロードするため、ディスクの空き容量は最大 50 GB 必要になります。

オンラインのシステムで Red Hat Virtualization Manager のリポジトリーを有効にします。

Red Hat Virtualization Manager リポジトリーの有効化

システムを Red Hat Subscription Manager に登録し、Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションをアタッチして Manager のリポジトリーを有効にします。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
    注記

    IPv6 ネットワークを使用している場合は、IPv6 移行メカニズムを使用して、コンテンツ配信ネットワークおよびサブスクリプションマネージャーにアクセスします。

  2. Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を記録します。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
    注記

    現在アタッチされているサブスクリプションを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager list --consumed

    有効なリポジトリーをすべて一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # yum repolist
  4. リポジトリーを設定します。

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms \
        --enable=jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms

オフラインリポジトリーの設定

  1. インターネットに接続されていないサーバーは、ファイル転送プロトコル (FTP) を使用して他のシステムのソフトウェアリポジトリーにアクセスすることができます。FTP リポジトリーを作成するには、vsftpd をインストールして設定します。

    1. vsftpd パッケージをインストールします。

      # yum install vsftpd
    2. vsftpd サービスを起動し、サービスがブート時に起動されることを確認します。

      # systemctl start vsftpd.service
      # systemctl enable vsftpd.service
    3. /var/ftp/pub/ ディレクトリー内にサブディレクトリーを作成します。ここから、ダウンロードしたパッケージを提供します。

      # mkdir /var/ftp/pub/rhvrepo
  2. 設定した全ソフトウェアリポジトリーから rhvrepo ディレクトリーにパッケージをダウンロードします。これには、システムにアタッチしたコンテンツ配信ネットワークの全サブスクリプションプール用リポジトリーとローカルで設定したあらゆるリポジトリーが含まれます。

    # reposync -l -p /var/ftp/pub/rhvrepo

    このコマンドにより、多数のパッケージがダウンロードされるため、完了するまで時間かかります。-l オプションにより、yum プラグインのサポートが有効化されます。

  3. createrepo パッケージをインストールします。

    # yum install createrepo
  4. パッケージをダウンロードした /var/ftp/pub/rhvrepo のサブディレクトリーごとに、リポジトリーのメタデータを作成します。

    # for DIR in $(find /var/ftp/pub/rhvrepo -maxdepth 1 -mindepth 1 -type d); do createrepo $DIR; done
  5. リポジトリーファイルを作成して、Manager のインストール先となるオフラインマシンの /etc/yum.repos.d/ ディレクトリーにコピーします。

    設定ファイルは、手動またはスクリプトを使用して作成することができます。リポジトリーをホストしているシステムで以下のスクリプトを実行し、baseurlADDRESS をリポジトリーをホストしているシステムの IP アドレスまたは FQDN に置き換えます。

    #!/bin/sh
    
    REPOFILE="/etc/yum.repos.d/rhev.repo"
    echo -e " " > $REPOFILE
    
    for DIR in $(find /var/ftp/pub/rhvrepo -maxdepth 1 -mindepth 1 -type d);
    do
        echo -e "[$(basename $DIR)]"	>> $REPOFILE
        echo -e "name=$(basename $DIR)" >> $REPOFILE
        echo -e "baseurl=ftp://_ADDRESS_/pub/rhvrepo/`basename $DIR`" >> $REPOFILE
        echo -e "enabled=1" >> $REPOFILE
        echo -e "gpgcheck=0" >> $REPOFILE
        echo -e "\n" >> $REPOFILE
    done

「Red Hat Virtualization Manager のインストールおよび設定」 に戻ります。パッケージは、コンテンツ配信ネットワークからではなく、ローカルリポジトリーからインストールされます。