前書き

セルフホストエンジンのインストールは、Ansible により自動化されています。最初のデプロイメントホスト上でインストールスクリプト (hosted-engine --deploy) を実行し、デプロイメントホスト上に作成される仮想マシンに Red Hat Virtualization Manager (または「engine」) をインストールおよび設定します。Manager および Data Warehouse データベースは Manager 用仮想マシンにインストールされますが、必要であればインストール後に別のサーバーに移行することができます。

Manager 用仮想マシンを実行することのできるホストは、セルフホストエンジンノードと呼ばれます。高可用性機能に対応するためには、少なくとも 2 台のセルフホストエンジンノードが必要です。

Manager 用仮想マシン専用のストレージドメインは、セルフホストエンジン用ストレージドメインと呼ばれます。このストレージドメインはインストールのスクリプトにより作成されるので、インストールの開始前にベースとなるストレージを準備する必要があります。

環境オプションおよび推奨される構成に関する情報は、『Planning and Prerequisites Guide』を参照してください。特に、セルフホストエンジン環境の構成については、「Self-Hosted Engine Recommendations」を参照してください。

表1 Red Hat Virtualization の主要コンポーネント

コンポーネント名説明

Red Hat Virtualization Manager

環境内のリソースを管理するグラフィカルユーザーインターフェースと REST API を提供するサービス。Manager は、Red Hat Enterprise Linux を実行する物理マシンまたは仮想マシンにインストールされます。

ホスト

サポートされているホストには、Red Hat Enterprise Linux ホスト (RHEL ベースのハイパーバイザー) と Red Hat Virtualization Host (イメージベースのハイパーバイザー) の 2 つのタイプがあります。ホストは、Kernel-based Virtual Machine (KVM) テクノロジーを使用して、仮想マシンを実行するためのリソースを提供します。

共有ストレージ

仮想マシンに関連付けられたデータの保管に使用するストレージサービス

Data Warehouse

Manager から設定情報および統計データを収集するサービス

セルフホストエンジンのアーキテクチャー

Red Hat Virtualization Manager は、自分が管理する同じ環境内のセルフホストエンジンノード (特化したホスト) で仮想マシンとして実行されます。セルフホストエンジン環境に必要なサーバーは 1 台少なくなりますが、デプロイと管理を行うための管理オーバーヘッドがより高くなります。Manager は、外部の HA 管理を使用せずに高可用性になります。

セルフホストエンジン環境の最小限のセットアップには、以下が含まれます。

  • セルフホストエンジンノードでホストされている Red Hat Virtualization Manager 用仮想マシン 1 台。Red Hat Enterprise Linux 7 仮想マシンのインストールおよびその仮想マシンへの Manager のインストールを自動化するために、RHV-M Appliance が使用されます。
  • 仮想マシンの高可用性には、最小でホスト 2 台。Red Hat Enterprise Linux ホストまたは Red Hat Virtualization Host (RHVH) を使用することができます。VDSM (ホストエージェント) は全ホストで実行され、Red Hat Virtualization Manager との通信を円滑に行います。HA サービスは、すべてのセルフホストエンジンノードで実行され、Manager 用仮想マシンの高可用性を管理します。
  • ストレージサービスを 1 つ。使用するストレージタイプに応じて、ローカルまたはリモートサーバーでホストすることができます。ストレージサービスは全ホストからアクセス可能である必要があります。

図1 セルフホストエンジンの Red Hat Virtualization アーキテクチャー

Self-Hosted Engine Red Hat Virtualization Architecture