Menu Close

B.2.2. 別のマシンへの Data Warehouse サービスの移行

Red Hat Virtualization Manager マシンにインストールおよび設定した Data Warehouse サービスを、別のマシンに移行することができます。Data Warehouse サービスを別のマシンでホストすることは、Manager マシンの負荷を削減する上で役立ちます。

この手順では、Data Warehouse サービスのみを移行することに注意してください。

Data Warehouse サービスを移行する前に Data Warehouse データベース (ovirt_engine_history) を移行する場合は、「別のマシンへの Data Warehouse データベースの移行」 を参照してください。

前提条件

  • Manager と Data Warehouse が同じマシン上にインストールおよび設定されている必要があります。
  • 新たな Data Warehouse マシンを設定するには、以下の項目が必要です。

    • Manager /etc/ovirt-engine/engine.conf.d/10-setup-database.conf ファイルからのパスワード
    • Data Warehouse マシンから Manager データベースマシンの TCP ポート 5432 へのアクセス許可
    • Manager の /etc/ovirt-engine-dwh/ovirt-engine-dwhd.conf.d/10-setup-database.conf ファイルからの Data Warehouse データベースのユーザー名とパスワード。「別のマシンへの Data Warehouse データベースの移行」 を使用して ovirt_engine_history データベースを移行した場合、バックアップには、そのマシンでデータベースの設定中に定義した認証情報が含まれます。

このシナリオのインストールでは、以下の 4 つのステップを実施する必要があります。

B.2.2.1. 新たな Data Warehouse マシンの準備

Red Hat Virtualization のリポジトリーを有効にし、Red Hat Enterprise Linux 7 マシンに Data Warehouse セットアップパッケージをインストールします。

  1. 必要なリポジトリーを有効にします。

    1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

      # subscription-manager register
    2. Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を記録します。

      # subscription-manager list --available
    3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

      # subscription-manager attach --pool=pool_id
    4. リポジトリーを設定します。

      # subscription-manager repos \
          --disable='*' \
          --enable=rhel-7-server-rpms \
          --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms \
          --enable=rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms \
          --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
          --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms \
          --enable=jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms
  2. 現在インストールされている全パッケージを最新の状態にします。

    # yum update
  3. ovirt-engine-dwh-setup パッケージをインストールします。

    # yum install ovirt-engine-dwh-setup