Menu Close

4.2. Red Hat Enterprise Linux ホストのインストール

Red Hat Enterprise Linux ホストは、Red Hat Enterprise Linux Server および Red Hat Virtualization サブスクリプションがアタッチされた、物理サーバー上の Red Hat Enterprise Linux 7 の標準的な基本インストールをベースにしています。

詳細なインストール手順は、Performing a standard {enterprise-linux-shortname} installation を参照してください。

ホストは最低限の host requirements を満たしている必要があります。

重要

ホストの BIOS 設定で仮想化が有効になっている必要があります。ホストの BIOS 設定の変更に関する詳細は、そのホストのハードウェアのマニュアルを参照してください。

重要

サードパーティーのウォッチドッグは、VDSM によって提供されるウォッチドッグデーモンに干渉する可能性があるため、Red Hat Enterprise Linux ホストにインストールしないでください。

4.2.1. Red Hat Enterprise Linux ホストのリポジトリーの有効化

Red Hat Enterprise Linux マシンをホストとして使用するには、システムをコンテンツ配信ネットワークに登録し、Red Hat Enterprise Linux Server および Red Hat Virtualization サブスクリプションを割り当て、ホストのリポジトリーを有効にする必要があります。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
  2. Red Hat Enterprise Linux Server および Red Hat Virtualization のサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を記録します。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=poolid
    注記

    現在アタッチされているサブスクリプションを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager list --consumed

    有効なリポジトリーをすべて一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # yum repolist
  4. リポジトリーを設定します。

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-mgmt-agent-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms

    IBM POWER8 (リトルエンディアン) ハードウェアに Red Hat Enterprise Linux 7 ホストをインストールする場合:

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-mgmt-agent-for-power-le-rpms \
        --enable=rhel-7-for-power-le-rpms

    IBM POWER9 (リトルエンディアン) ハードウェアに Red Hat Enterprise Linux 7 ホストをインストールする場合:

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-mgmt-agent-for-power-9-rpms \
        --enable=rhel-7-for-power-9-rpms
  5. 現在インストールされている全パッケージを最新の状態にします。

    # yum update
  6. マシンを再起動します。