Menu Close

B.2.2.4. Manager マシンでの Data Warehouse サービスの無効化

  1. Manager マシンで Manager を再起動します。

    # service ovirt-engine restart
  2. 以下のコマンドを実行して /etc/ovirt-engine-setup.conf.d/20-setup-ovirt-post.conf ファイルを変更し、オプションを False に設定します。

    # sed -i \
         -e 's;^\(OVESETUP_DWH_CORE/enable=bool\):True;\1:False;' \
         -e 's;^\(OVESETUP_DWH_CONFIG/remoteEngineConfigured=bool\):True;\1:False;' \
         /etc/ovirt-engine-setup.conf.d/20-setup-ovirt-post.conf
  3. Data Warehouse サービスを無効にします。

    # systemctl disable ovirt-engine-dwhd.service
  4. Data Warehouse に関するファイルを削除します。

    # rm -f /etc/ovirt-engine-dwh/ovirt-engine-dwhd.conf.d/* .conf /var/lib/ovirt-engine-dwh/backups/*

これで、Data Warehouse サービスが Manager とは別のマシンでホストされるようになりました。