第7章 Red Hat Virtualization 用ストレージの追加

新たな環境にデータドメインとしてストレージを追加します。Red Hat Virtualization 環境には少なくとも 1 つのデータドメインが必要ですが、さらに追加することを推奨します。

前の手順で準備したストレージを追加します。

重要

iSCSI ストレージを使用する場合には、新しいデータドメインはセルフホストエンジン用ストレージドメインと同じ iSCSI ターゲットを使用することはできません。

警告

セルフホストエンジン用ストレージドメインと同じデータセンター内に追加のデータドメインを作成することを強く推奨します。セルフホストエンジンをデータセンター内にデプロイする際に、アクティブなデータストレージドメインを 1 つしか用意しないと、そのストレージドメインが破損した場合に、新たなストレージドメインを追加することや破損したストレージドメインを削除することができません。セルフホストエンジンを再デプロイしなければなりません。

7.1. NFS ストレージの追加

この手順では、既存の NFS ストレージをデータドメインとして Red Hat Virtualization 環境にアタッチする方法について説明します。

ISO またはエクスポートドメインが必要な場合にも、この手順を使用します。ただし、ドメイン機能 の一覧から ISO または エクスポート を選択します。

手順

  1. 管理ポータルで ストレージドメイン をクリックします。
  2. 新規ドメイン をクリックします。
  3. ストレージドメインの 名前 を入力します。
  4. データセンタードメイン機能ストレージタイプ形式、および 使用するホスト のデフォルト値をそのまま使用します。
  5. ストレージドメインに使用する エクスポートパス を入力します。エクスポートパスは、123.123.0.10:/data (IPv4 の場合)、[2001:0:0:0:0:0:0:5db1]:/data (IPv6 の場合)、または domain.example.com:/data の形式で指定する必要があります。
  6. オプションで、詳細パラメーターを設定することが可能です。

    1. 詳細パラメーター をクリックします。
    2. 容量不足の警告 のフィールドに、パーセンテージ値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーに警告のメッセージが表示され、ログに記録されます。
    3. アクションをブロックする深刻な容量不足 のフィールドに GB 単位で値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーにエラーメッセージが表示され、ログに記録されます。容量を消費する新規アクションは、一時的であってもすべてブロックされます。
    4. 削除後にワイプするオプションを有効にするには、削除後にワイプ チェックボックスを選択します。このオプションは、ドメインの作成後に編集することが可能ですが、その場合にはすでに存在していたディスクの「削除後にワイプ」プロパティーは変更されません。
  7. OK をクリックします。

ディスクの準備が完了するまで新規 NFS データドメインのステータスは ロック と表示され、その後データセンターに自動的にアタッチされます。

7.2. iSCSI ストレージの追加

この手順では、既存の iSCSI ストレージをデータドメインとして Red Hat Virtualization 環境にアタッチする方法について説明します。

手順

  1. ストレージドメイン をクリックします。
  2. 新規ドメイン をクリックします。
  3. 新規ストレージドメインの 名前 を入力します。
  4. ドロップダウンリストから データセンター を選択します。
  5. ドメイン機能データ を、ストレージタイプiSCSI を、それぞれ選択します。
  6. 使用するホスト にアクティブなホストを選択します。

    重要

    ストレージドメインへの通信は、直接 Manager からではなく、選択したホストを介して行われます。したがって、ストレージドメインを設定する前には、全ホストがストレージデバイスにアクセスできる状態でなければなりません。

  7. Manager は iSCSI ターゲットを LUN に、または LUN を iSCSI ターゲットにマッピングすることができます。新規ドメイン ウィンドウでストレージタイプに iSCSI を選択すると、未使用の LUN が割り当てられた既知のターゲットが自動的に表示されます。ストレージを追加するのに使用するターゲットが表示されない場合には、ターゲットの検出機能を使用して検索することができます。表示されている場合には、次の手順に進んでください。

    1. ターゲットを検出 をクリックし、ターゲットの検出オプションを有効にします。Manager がターゲットを検出してログインすると、新規ドメイン ウィンドウに、その環境では未使用の LUN が割り当てられたターゲットが自動的に表示されます。

      注記

      環境の外部で使用されている LUN も表示されます。

      ターゲットを検出 のオプションを使用すると、多数のターゲットの LUN を追加したり、同じ LUN に複数のパスを追加したりすることができます。

    2. アドレス フィールドに iSCSI ホストの完全修飾ドメイン名または IP アドレスを入力します。
    3. ポート フィールドには、ターゲットを参照する際にホストに接続するポートを入力します。デフォルトは 3260 です。
    4. ストレージのセキュリティー保護に CHAP を使用している場合は、ユーザー認証 のチェックボックスを選択します。CHAP のユーザー名CHAP のパスワード を入力してください。

      注記

      REST API を使用して、特定ホストの iSCSI ターゲットに認証情報を定義することができます。詳しくは、『REST API Guide』「StorageServerConnectionExtensions: add」を参照してください。

    5. 検出 をクリックします。
    6. 検出結果から 1 つまたは複数のターゲットを選択し、各ターゲットの ログイン をクリックします。あるいは、全ターゲットにログイン をクリックします。

      重要

      複数のパスのアクセスが必要な場合には、すべての必要なパスを通してターゲットを検出してログインするようにしてください。ストレージドメインを変更してさらにパスを追加する方法は、現在サポートされていません。

  8. 対象のターゲットの横に表示されている + ボタンをクリックします。エントリーが展開され、ターゲットにアタッチされている未使用の LUN がすべて表示されます。
  9. ストレージドメインの作成に使用する各 LUN のチェックボックスにチェックを入れます。
  10. オプションで、詳細パラメーターを設定することが可能です。

    1. 詳細パラメーター をクリックします。
    2. 容量不足の警告 のフィールドに、パーセンテージ値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーに警告のメッセージが表示され、ログに記録されます。
    3. アクションをブロックする深刻な容量不足 のフィールドに GB 単位で値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーにエラーメッセージが表示され、ログに記録されます。容量を消費する新規アクションは、一時的であってもすべてブロックされます。
    4. 削除後にワイプするオプションを有効にするには、削除後にワイプ チェックボックスを選択します。このオプションは、ドメインの作成後に編集することが可能ですが、その場合にはすでに存在していたディスクの「削除後にワイプ」プロパティーは変更されません。
    5. 削除後に破棄 チェックボックスを選択して、削除後に破棄のオプションを有効化します。このオプションは、ドメインの作成後に編集できます。また、このオプションを利用できるのは、ブロックストレージドメインのみです。
  11. OK をクリックします。

同じターゲットに対して複数のストレージ接続パスを設定している場合には、『Administration Guide』の「Configuring iSCSI Multipathing」に記載の手順に従って、iSCSI のボンディング設定を完了してください。

現在のストレージネットワークを iSCSI ボンディングに移行するには、『Administration Guide』の「Migrating a Logical Network to an iSCSI Bond」を参照してください。

7.3. FCP ストレージの追加

この手順では、既存の FCP ストレージをデータドメインとして Red Hat Virtualization 環境にアタッチする方法について説明します。

手順

  1. ストレージドメイン をクリックします。
  2. 新規ドメイン をクリックします。
  3. ストレージドメインの 名前 を入力します。
  4. ドロップダウンリストから FCP データセンター を選択します。

    適切な FCP データセンターがない場合には (none) を選択します。

  5. ドロップダウンリストから ドメイン機能 および ストレージタイプ を選択します。選択したデータセンターとの互換性がないストレージドメインタイプは選択できません。
  6. 使用するホスト のフィールドでアクティブなホストを 1 台選択します。データセンターで初めて作成するデータドメインでなければ、そのデータセンターの SPM ホストを選択する必要があります。

    重要

    ストレージドメインへの通信はすべて、Red Hat Virtualization Manager から直接ではなく、選択したホストを介して行われます。システムには、アクティブなホストが少なくとも 1 台存在し、選択したデータセンターにアタッチされている必要があります。ストレージドメインを設定する前には、全ホストがストレージデバイスにアクセスできる状態でなければなりません。

  7. 新規ドメイン ウィンドウで、ストレージタイプに ファイバーチャネル を選択した場合は、未使用の LUN が割り当てられた既知のターゲットが自動的に表示されます。LUN ID チェックボックスを選択し、使用可能な LUN をすべて選択します。
  8. オプションで、詳細パラメーターを設定することが可能です。

    1. 詳細パラメーター をクリックします。
    2. 容量不足の警告 のフィールドに、パーセンテージ値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーに警告のメッセージが表示され、ログに記録されます。
    3. アクションをブロックする深刻な容量不足 のフィールドに GB 単位で値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーにエラーメッセージが表示され、ログに記録されます。容量を消費する新規アクションは、一時的であってもすべてブロックされます。
    4. 削除後にワイプするオプションを有効にするには、削除後にワイプ チェックボックスを選択します。このオプションは、ドメインの作成後に編集することが可能ですが、その場合にはすでに存在していたディスクの「削除後にワイプ」プロパティーは変更されません。
    5. 削除後に破棄 チェックボックスを選択して、削除後に破棄のオプションを有効化します。このオプションは、ドメインの作成後に編集できます。また、このオプションを利用できるのは、ブロックストレージドメインのみです。
  9. OK をクリックします。

使用準備中、新規 FCP データドメインは ロック のステータスとなります。準備が整った時点で、自動的にデータセンターにアタッチされます。

7.4. Red Hat Gluster Storage の追加

Red Hat Virtualization で Red Hat Gluster Storage を使用するには、『Configuring Red Hat Virtualization with Red Hat Gluster Storage』を参照してください。

Red Hat Virtualization でサポートされる Red Hat Gluster Storage のバージョンについては、「Red Hat Gluster Storage Version Compatibility and Support」を参照してください。

重要

Red Hat Virtualization 4.3 では、現在 Red Hat ハイパーコンバージドインフラストラクチャーはサポートされていません。