Menu Close

付録B リモートサーバーへのデータベースおよびサービスの移行

自動化されたインストール中にリモートデータベースおよびサービスを設定することはできませんが、インストール後にリモートサーバーに移行することができます。

B.1. リモートサーバーへのセルフホストエンジンデータベースの移行

Red Hat Virtualization Manager の初期設定の後に、セルフホストエンジンの engine データベースをリモートのデータベースサーバーに移行することができます。engine-backupを使用してデータベースのバックアップを作成し、新しいデータベースサーバーに復元します。

新規データベースサーバーに Red Hat Enterprise Linux 7 をインストールし、必要なリポジトリーを有効にする必要があります。

Red Hat Virtualization Manager リポジトリーの有効化

システムを Red Hat Subscription Manager に登録し、Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションをアタッチして Manager のリポジトリーを有効にします。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
    注記

    IPv6 ネットワークを使用している場合は、IPv6 移行メカニズムを使用して、コンテンツ配信ネットワークおよびサブスクリプションマネージャーにアクセスします。

  2. Red Hat Virtualization Manager のサブスクリプションプールを見つけ、プール ID を記録します。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
    注記

    現在アタッチされているサブスクリプションを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager list --consumed

    有効なリポジトリーをすべて一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # yum repolist
  4. リポジトリーを設定します。

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms \
        --enable=jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms

リモートサーバーへのセルフホストエンジンデータベースの移行

  1. セルフホストエンジンノードにログインし、環境を global メンテナンスモードにします。これにより、高可用性エージェントを無効化して、この手順の実行中に Manager 用仮想マシンが移行されないようにします。

    # hosted-engine --set-maintenance --mode=global
  2. Red Hat Virtualization Manager マシンにログインし、ovirt-engineサービスを停止して、エンジンのバックアップに干渉しないようにします。

    # systemctl stop ovirt-engine.service
  3. engine データベースのバックアップを作成します。

    # engine-backup --scope=files --scope=db --mode=backup --file=file_name --log=backup_log_name
  4. バックアップファイルを新規データベースサーバーにコピーします。

    # scp /tmp/engine.dump root@new.database.server.com:/tmp
  5. 新しいデータベースサーバーにログインし、engine-backup をインストールします。

    # yum install ovirt-engine-tools-backup
  6. 新しいデータベースサーバーでデータベースを復元します。file_name は、Manager からコピーされたバックアップファイルです。

    # engine-backup --mode=restore --scope=files --scope=db --file=file_name --log=restore_log_name --provision-db --no-restore-permissions
  7. データベースが移行されたので、ovirt-engine サービスを開始します。

    # systemctl start ovirt-engine.service
  8. セルフホストエンジンノードにログインし、メンテナンスモードをオフにして、高可用性エージェントを有効にします。

    # hosted-engine --set-maintenance --mode=none