24.3. SPICE ログファイル

SPICE のログファイルは、SPICE の接続に関する問題をトラブルシューティングする際に有用です。SPICE デバッグを開始するには、ログレベルを debugging に変更します。次に、ログの場所を特定します。

ゲストマシンへのアクセスに使用されるクライアントおよびゲストマシン自体の両方に、SPICE ログファイルがあります。クライアント側のログの場合、console.vv ファイルがダウンロードされているネイティブクライアントを使用して SPICE クライアントを起動した場合は、remote-viewer コマンドを使用してデバッグを有効にし、ログ出力を生成します。

24.3.1. ハイパーバイザー SPICE サーバーの SPICE ログ

表24.3 ハイパーバイザー SPICE サーバーの SPICE ログ

ログタイプログの場所ログレベルを変更するには、以下を実行します。

ホスト/ハイパーバイザー SPICE サーバー

/var/log/libvirt/qemu/(guest_name).log

ゲストを起動する前に、ホスト/ハイパーバイザーで export SPICE_DEBUG_LEVEL=5 を実行します。この変数は QEMU によって解析され、システム全体で実行すると、システム上のすべての仮想マシンのデバッグ情報が出力されます。このコマンドは、クラスター内の各ホストで実行する必要があります。このコマンドは、各クラスターではなく、各ホスト/ハイパーバイザーにのみ機能します。