Menu Close

9.5. ネットワークボンディング

ネットワークボンディングは、複数の NIC を 1 つのボンドデバイスにまとめるもので、以下のようなメリットがあります。

  • ボンディングされた NIC の伝送速度は、シングル NIC の伝送速度よりも高速です。
  • ネットワークボンディングは、ボンドデバイスのすべての NIC が故障しない限り、ボンドデバイスは故障しないため、フォールトトレランスを提供します。

同じメーカー、同じモデルの NIC を使用することで、同じボンディングオプションやモードをサポートすることができます。

重要

Red Hat Virtualization のデフォルトのボンディングモードである (Mode 4) Dynamic Link Aggregation には、802.3ad をサポートするスイッチが必要です。

ボンディングの論理的なネットワークには互換性がなければなりません。ボンディングは、1 つの VLAN 以外の論理ネットワークのみをサポートします。残りの論理ネットワークには、固有の VLAN ID を設定する必要があります。

スイッチのポートでボンディングを有効にする必要があります。具体的な方法は、スイッチのベンダーが提供するマニュアルを参照してください。

ネットワークボンドデバイスは、以下のいずれかの方法で作成することができます。

  • 管理ポータルで、特定のホストに対して手動で
  • クラスターやデータセンター内の全ホストのアンボンド NIC に対して、LLDP Labeler を用いて自動的に

ご使用の環境で iSCSI ストレージを使用していて、冗長性を実装する場合は、iSCSI マルチパスを設定するための手順に従ってください。

9.5.1. 管理ポータルでのボンドデバイスの作成

管理ポータルで特定のホストにボンドデバイスを作成することができます。ボンドデバイスは、VLAN タグ付きのトラフィックとタグなしのトラフィックの両方を伝送することができます。

手順

  1. ComputeHosts をクリックします。
  2. ホストの名前をクリックして、詳細ビューを開きます。
  3. Network Interfaces タブをクリックすると、ホストに接続されている物理的なネットワークインターフェースが一覧表示されます。
  4. Setup Host Networks をクリックします。
  5. スイッチの設定を確認してください。スイッチが LLDP (Link Layer Discovery Protocol) 情報を提供するように設定されている場合は、物理的な NIC の上にカーソルを置くと、スイッチポートのアグリゲーション構成が表示されます。
  6. NIC を他の NIC やボンドにドラッグ&ドロップします。

    注記

    2 枚の NIC が新しい結合を形成します。NIC とボンドは、既存のボンドに NIC を追加します。

    論理ネットワークに互換性がない場合、ボンディング操作はブロックされます。

  7. ドロップダウンメニューから Bond Name および Bonding Mode を選択します。詳細は、「ボンディングモード」 を参照してください。

    カスタム ボンディングモードを選択した場合、次の例のように、テキストフィールドにボンディングオプションを入力できます。

    • ご使用の環境で ethtool を使用してリンク状態が報告されない場合は、mode=1arp_interval=1arp_ip_target=192.168.0.2 と入力して ARP モニターリングを設定できます。
    • mode=1 primary=eth0 と入力すると、スループットの高い NIC をプライマリーインターフェイスとして指定できます。

      ボンディングオプションとその説明の包括的なリストについては、Kernel.org の Linux Ethernet Bonding Driver HOWTO を参照してください。

  8. OK をクリックします。
  9. 新しいボンドに論理ネットワークを付けて設定します。手順については、「ホストのネットワークインターフェイスの編集とホストへの論理ネットワークの割り当て」 を参照してください。

    注記

    論理ネットワークをボンド内の個々の NIC に直接アタッチすることはできません。

  10. オプションで、ホストがメンテナンスモードの場合は、ホストとエンジン間の接続の確認 を選択できます。
  11. OK をクリックします。