16.3. バックアップストレージドメインを使用した仮想マシンのバックアップと復元

16.3.1. バックアップストレージドメインの説明

バックアップストレージドメインは、災害復旧、移行、その他のバックアップ/復旧の使用モデルのために、仮想マシンおよび仮想マシンテンプレートの保存と移行に特化して使用できるものです。バックアップドメインは、バックアップドメイン上のすべての仮想マシンがパワーダウン状態にあるという点で、非バックアップドメインとは異なります。仮想マシンはバックアップドメインで実行できません。

任意のデータストレージドメインをバックアップドメインとして設定できます。Manage Domain ダイアログボックスのチェックボックスを選択または選択解除することで、この設定を有効または無効にできます。この設定を有効にできるのは、そのストレージドメイン上のすべての仮想マシンが停止した後でのみです。

バックアップドメインに保存されている仮想マシンを起動することはできません。Manager は、これと、バックアップを無効にする可能性のあるその他の操作をブロックします。ただし、仮想マシンのディスクがバックアップドメインの一部でない場合は、バックアップドメインに保存されているテンプレートに基づいて仮想マシンを実行できます。

他のタイプのストレージドメインと同様に、バックアップドメインをデータセンターに接続したり、データセンターから切り離したりできます。そのため、バックアップの保存に加えて、バックアップドメインを使用してデータセンター間で仮想マシンを移行できます。

メリット

エクスポートドメインではなくバックアップドメインを使用するいくつかの理由を以下に示します。

  • エクスポートドメインを 1 つだけにするのではなく、データセンターに複数のバックアップストレージドメインを含めることができます。
  • バックアップと障害復旧に使用するバックアップストレージドメインを専用にすることができます。
  • 仮想マシン、テンプレート、またはスナップショットのバックアップをバックアップストレージドメインに転送できます
  • 多数の仮想マシン、テンプレート、または OVF ファイルの移行は、エクスポートドメインよりもバックアップドメインの方が圧倒的に高速に行えます。
  • バックアップドメインは、エクスポートドメインよりも効率的にディスクスペースを使用します。
  • バックアップドメインは、ファイルストレージ (NFS、Gluster) とブロックストレージ (ファイバーチャネルと iSCSI) の両方をサポートします。これは、ファイルストレージのみをサポートするエクスポートドメインとは対照的です。
  • 制限を考慮して、ストレージドメインのバックアップ設定を動的に有効または無効にすることができます。

制約

  • _backup ドメイン上のすべての仮想マシンまたはテンプレートは、同じドメイン上にすべてのディスクを持っている必要があります。
  • ストレージドメインをバックアップドメインとして設定する前に、ストレージドメイン上のすべての仮想マシンの電源を切る必要があります。
  • バックアップドメインに保存されている仮想マシンを実行することはできません。実行すると、ディスクのデータが操作される可能性があるためです。
  • メモリーボリュームはアクティブな仮想マシンでのみサポートされているため、バックアップドメインをメモリーボリュームのターゲットにすることはできません。
  • バックアップドメインで仮想マシンをプレビューすることはできません。
  • 仮想マシンをバックアップドメインにライブ移行することはできません。
  • バックアップドメインをマスタードメインとして設定することはできません。
  • セルフホスト型エンジンのドメインをバックアップドメインとして設定することはできません。
  • デフォルトのストレージドメインをバックアップドメインとして使用しないでください。