第10章 ホスト

10.1. ホストの HQL の概要

ホスト (ハイパーバイザーとも呼ばれる) は、仮想マシンが動作する物理サーバーです。Kernel-based Virtual Machine (KVM) と呼ばれるローダーブル Linux カーネルモジュールを使用することで、完全な仮想化が提供されます。

KVM は、Windows または Linux いずれかのオペレーティングシステムを実行する複数の仮想マシンを、同時にホストすることができます。仮想マシンはホストマシン上で個々の Linux プロセスやスレッドとして実行され、Red Hat Virtualization Manager によってリモートで管理されます。Red Hat Virtualization の環境には、それに接続された 1 つ以上のホストがあります。

Red Hat Virtualization は、ホストをインストールする 2 つの方法をサポートしています。Red Hat Virtualization Host (RHVH) のインストールメディアを使用するか、標準の Red Hat Enterprise Linux インストールにハイパーバイザーパッケージをインストールすることができます。

注記

Red Hat Virtualization Manager で個別のホストのホストタイプを特定するには、ホスト名を選択して詳細ビューを開き、SoftwareOS Description を確認してください。

ホストは、仮想化の最適化を提供する tuned プロファイルを使用します。tuned に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 Performance Tuning Guide を参照してください。

Red Hat Virtualization Host は、セキュリティー機能が有効になっています。SELinux (Security Enhanced Linux) とファイアウォールは完全に設定されており、デフォルトでオンになっています。選択したホストの SELinux の状態は、詳細表示の General タブの SELinux mode で報告されます。Manager は、Red Hat Enterprise Linux ホストを環境に追加する際に、必要なポートを開くことができます。

ホストとは、Red Hat Enterprise Linux 7 AMD64/Intel 64 版が動作する Intel VT または AMD-V 拡張機能を持つ物理的な 64 ビットサーバーのことです。

Red Hat Virtualization プラットフォーム上の物理的なホストのこと。

  • システム内の 1 つのクラスターにのみ属すること。
  • AMD-V または Intel VT ハードウェア仮想化拡張をサポートする CPU を搭載していること。
  • クラスター作成時に選択された仮想 CPU タイプで提供されるすべての機能をサポートする CPU が必要です。
  • 最小 2 GB の メモリー。
  • システム権限を持つシステム管理者を割り当てることができる。

管理者は Red Hat Virtualization のウォッチリストから最新のセキュリティー勧告を受け取ることができます。Red Hat Virtualization ウォッチリストに登録すると、Red Hat Virtualization 製品の新しいセキュリティー勧告を電子メールで受け取ることができます。このフォームに必要事項を入力してください。

https://www.redhat.com/mailman/listinfo/rhsa-announce