A.3. 新規ネットワークインターフェースおよびネットワークインターフェースの編集ウィンドウの設定

以下の設定値は、仮想マシンのネットワークインターフェースを追加または編集する際に適用します。1 台の仮想マシンに複数のネットワークインターフェースがアタッチされている場合は、その仮想マシンを複数の論理ネットワークに配置することができます。

表A.21 ネットワークインタフェースの設定

フィールド名説明

名前

ネットワークインターフェースの名前。このテキストフィールドは最長で 21 文字に制限されており、アルファベットの大文字/小文字、数字、ハイフン、アンダースコアを任意に組み合わせた、一意の名前を指定する必要があります。

プロファイル

vNIC プロファイルおよびネットワークインターフェースが配置される論理ネットワーク。デフォルトでは、ovirtmgmt 管理ネットワークにすべてのネットワークインターフェースが配置されます。

タイプ

ネットワークインターフェースが仮想マシンに対して提示する仮想インターフェース

  • rtl8139 および e1000 のデバイスドライバーは、大半のオペレーティングシステムに搭載されています。
  • VirtIO はより高速ですが、VirtIO ドライバーが必要です。VirtIO ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux 5 以降のバージョンには搭載されています。Windows には VirtIO ドライバーは搭載されていませんが、ゲストツール ISO または仮想フロッピーディスクからインストールすることができます。
  • PCI パススルー では、vNIC を SR-IOV 対応 NIC の仮想機能 (VF) に直接接続することができます。そのため、vNIC はソフトウェアのネットワーク仮想化を迂回して VF に直接接続されるので、デバイスの直接割り当てが可能になります。選択した vNIC プロファイルでも パススルー を有効にする必要があります。

カスタム MAC アドレス

カスタムの MAC アドレスを設定するには、このオプションを選択します。Red Hat Virtualization Manager は、ネットワークインターフェースを特定するために環境で一意な MAC アドレスを自動的に生成します。同じ MAC アドレスのデバイスが 2 つ同じネットワーク上でオンラインとなると、ネットワークの競合が発生する原因となります。

リンク状態

ネットワークインターフェースが論理ネットワークに接続されているかどうか。

  • Up: ネットワークインターフェースはスロットにあります。

    • カードの状態装填 の場合は、ネットワークインターフェースがネットワークケーブルに接続され、アクティブな状態であることを意味します。
    • カードの状態未装填 の場合は、ネットワークインターフェースが装填されると、ネットワークに自動的に接続され、アクティブになります。
  • Down: ネットワークインターフェースはスロットにありますが、どのネットワークにも接続されていません。この状態では、仮想マシンは実行できません。

カードの状態

仮想マシンにネットワークインターフェースが定義されているかどうか。

  • 装填: 仮想マシン上でネットワークインターフェースが定義されています。

    • リンク状態Up の場合は、ネットワークインターフェースがネットワークケーブルに接続され、アクティブな状態であることを意味します。
    • リンク状態Down の場合は、ネットワークインターフェースはネットワークケーブルに接続されていません。
  • 未装填: ネットワークインターフェースは Manager に定義されているだけで、仮想マシンには関連付けられていません。

    • リンク状態Up の場合は、ネットワークインターフェースが装填されると、自動的にネットワークに接続され、アクティブになります。
    • リンク状態Down の場合は、仮想マシンに定義されるまで、ネットワークインターフェースはどのネットワークにも接続されません。