7.9. Sysprep を使用した仮想マシンの設定の自動化

Sysprep ツールを使用して、ホスト名、ネットワークインターフェース、認証鍵の設定や、ユーザーのセットアップ、Active Directory への接続など、Windows 仮想マシンの設定を自動化することができます。Sysprep は、すべてのバージョンの Windows にインストールされています。

Red Hat Virtualization では、仮想化技術を活用して Sysprep 機能を拡張し、単一のテンプレートをベースに仮想ワークステーションをデプロイします。Red Hat Virtualization では、それぞれの仮想マシンに対してカスタマイズした無人インストール用の応答ファイルが生成されます。

Sysprep により、完全な無人インストールの応答ファイルが生成されます。さまざまな Windows オペレーティングシステム用のデフォルト値が、/usr/share/ovirt-engine/conf/sysprep/ ディレクトリーに用意されています。カスタム Sysprep ファイルを作成して、/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/ ディレクトリーの osinfo ファイルから参照することもできます。これらのファイルは、Sysprep のテンプレートとして機能します。これらのファイルのフィールドをコピーして必要に応じて編集することができます。この定義は、仮想マシンの編集 ウィンドウの 初期起動 タブのフィールドに入力した値に優先します。

Windows 仮想マシンのプール作成時にカスタム sysprep ファイルを作成して、さまざまなオペレーティングシステムやドメインに対応することができます。詳細については、『管理ガイド』「仮想マシンプールの作成」を参照してください。

オーバーライドファイルは /etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/ ディレクトリーに作成し、/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties の後に表示される名前で拡張子を .properties とする必要があります。たとえば、/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/10-productkeys.properties などです。最後のファイルが優先され、それ以前のすべてのファイルをオーバーライドします。

/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties から Windows オペレーティングシステム用のデフォルト値をオーバーライドファイルにコピーし、productKey.value および sysprepPath.value のフィールドに適切な値を入力します。

例7.2 Windows 7 のデフォルト設定値

# Windows7(11, OsType.Windows, false),false
os.windows_7.id.value = 11
os.windows_7.name.value = Windows 7
os.windows_7.derivedFrom.value = windows_xp
os.windows_7.sysprepPath.value = ${ENGINE_USR}/conf/sysprep/sysprep.w7
os.windows_7.productKey.value =
os.windows_7.devices.audio.value = ich6
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.3 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.4 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.5 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.isTimezoneTypeInteger.value = false

7.9.1. テンプレートでの Sysprep 設定

以下の手順を使用して、テンプレートに含める標準の Sysprep 設定項目一式を指定することができます。あるいは、このテンプレートをベースにして仮想マシンを作成する際に Sysprep 設定を定義します。

置換文字列を使用して、/usr/share/ovirt-engine/conf/sysprep/ ディレクトリーのデフォルトファイルで定義される値を代入することができます。たとえば、"<Domain><![CDATA[$JoinDomain$]]></Domain>" を使用して、アタッチするドメインを表すことができます。

重要

Sysprep の実行中は、仮想マシンを再起動しないでください。

前提条件

  • Windows 仮想マシンのパラメーターが正しく定義されていること。

    正しく定義されていない場合には、コンピュート仮想マシン をクリックし、編集 をクリックして オペレーティングシステム および クラスター のフィールドに必要な情報を入力します。

  • Manager のオーバーライドファイルに、正しいプロダクトキーが定義されていること。

Sysprep を使用したテンプレートの準備

  1. 必要なパッチおよびソフトウェアと共に Windows 仮想マシンをビルドします。
  2. Windows 仮想マシンをシーリングします。「テンプレートとしてのデプロイに備えた仮想マシンのシーリング」を参照してください。
  3. Windows 仮想マシンをベースにテンプレートを作成します。「テンプレートの作成」を参照してください。
  4. さらに変更が必要な場合は、テキストエディターを使用して Sysprep ファイルを更新します。

このテンプレートを使用して、新規仮想マシンをプロビジョニングできるようになりました。

7.9.2. Sysprep を使用した仮想マシンの設定の初期化

Sysprep を使用して、Windows 仮想マシンの初期設定を自動化します。Sysprep フィールドを使用して、仮想マシンのホスト名、タイムゾーン、root パスワード、認証鍵、ネットワークインターフェース、DSN サービスを設定することができます。

Sysprep を使用した仮想マシンの設定の初期化

以下の手順では、一連の Sysprep 設定により仮想マシンを起動します。仮想マシンがベースにするテンプレートに関連の設定が含まれる場合には、設定を見直し必要に応じて変更を加えます。

  1. 適切な Windows 仮想マシンのテンプレートをベースに新規 Windows 仮想マシンを作成します。「テンプレートをベースにした仮想マシンの作成」を参照してください。
  2. コンピュート仮想マシン をクリックして、その仮想マシンを選択します。
  3. 実行 のドロップダウンボタンをクリックし、1 回実行 を選択します。
  4. ブートオプション セクションを展開し、フロッピー のチェックボックスを選択して [sysprep] オプションを選択します。
  5. CD/DVD のチェックボックスを選択し、ドロップダウンリストから必要な Windows ISO を選択します。
  6. ブートシーケンス フィールドで CD/DVD-ROM を 1 番上に移動します。
  7. 必要に応じて、その他の 1 回実行 オプションを設定します。詳しい情報は、「1 回実行ウィンドウの設定」を参照してください。
  8. OK をクリックします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。