5.3. 仮想ディスク

5.3.1. 新規仮想ディスクの追加

複数の仮想ディスクを仮想マシンに追加することができます。

ディスクのデフォルトタイプは、イメージ です。直接 LUN ディスクまたは Cinder (OpenStack Volume) ディスクを追加することも可能です。イメージ ディスクの作成はすべて、Manager が管理します。直接 LUN ディスクには、外部で用意された既存のターゲットが必要です。Cinder ディスクでは、外部プロバイダー ウィンドウを使用して Red Hat Virtualization 環境に追加された OpenStack Volume のインスタンスにアクセスできる状態でなければなりません。詳しい情報は、『Red Hat Virtualization 管理ガイド』の「ストレージ管理用の OpenStack Block Storage (Cinder) インスタンスの追加」を参照してください。既存のディスクは、フローティングディスクまたは仮想マシンにアタッチされた共有可能なディスクのいずれかです。

仮想マシンへのディスクの追加

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ディスク タブをクリックします。
  4. 新規作成 をクリックします。
  5. 適切なラジオボタンを使用して イメージ直接 LUNCinder を切り替えます。
  6. 新規ディスクの サイズ (GB)エイリアス説明 を入力します。
  7. ドロップダウンリストおよびチェックボックスで、ディスクを設定します。全ディスクタイプのフィールドに関する詳細は「新規仮想ディスクおよび仮想ディスクの編集ウィンドウの設定」を参照してください。
  8. OK をクリックします。

しばらくすると、詳細ビューに新規ディスクが表示されます。

5.3.2. 仮想マシンへの既存ディスクのアタッチ

フローティングディスクとは、どの仮想マシンにも関連付けられていないディスクのことです。

フローティングディスクにより、仮想マシンの設定に要する時間を最小限に抑えることができます。フローティングディスクを仮想マシンのストレージとして指定すると、仮想マシンの作成時にディスクが事前割り当てされるのを待つ必要がなくなります。

フローティングディスクは、単一の仮想マシンにアタッチすることができます。ただし、ディスクが共有可能な場合には、複数の仮想マシンにアタッチすることも可能です。共有ディスクを使用する仮想マシンはそれぞれ、異なるディスクインターフェースタイプを使用できます。

フローティングディスクが仮想マシンにアタッチされると、仮想マシンはそのディスクにアクセスできるようになります。

仮想マシンへの仮想ディスクのアタッチ

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ディスク タブをクリックします。
  4. アタッチ をクリックします。
  5. 利用可能なディスクの一覧から仮想ディスクを 1 つまたは複数選択し、インターフェース ドロップダウンから必要なインターフェースを選択します。
  6. OK をクリックします。
注記

仮想マシンに仮想ディスクをアタッチ/デタッチしても、クォータリソースは消費されません。

5.3.3. 仮想ディスクの使用可能なサイズの拡張

仮想ディスクの利用可能なサイズは、仮想ディスクが仮想マシンにアタッチされた状態で拡張することができます。仮想ディスクのサイズを変更しても、そのベースとなっているパーティションや、その仮想ディスク上のファイルシステムのサイズは変更されません。パーティションやファイルシステムのサイズ変更を行うには、必要に応じて fdisk ユーティリティーを使用してください。詳しくは、「How to Resize a Partition using fdisk」の記事を参照してください。

仮想ディスクの使用可能なサイズの拡張

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ディスク タブをクリックして、編集するディスクを選択します。
  4. 編集 をクリックします。
  5. サイズを拡張 (GB) フィールドに値を入力します。
  6. OK をクリックします。

ドライブのサイズ調整中は、ターゲットディスクのステータスが一時的に ロック になります。ドライブのサイズ調整が完了すると、ドライブのステータスが OK に変わります。

5.3.4. 仮想ディスクのホットプラグ

仮想ディスクはホットプラグが可能です。ホットプラグとは、仮想マシンを実行中にデバイスを有効または無効にする操作です。

注記

ゲストのオペレーティングシステムは、仮想ディスクのホットプラグをサポートする必要があります。

仮想ディスクのホットプラグ

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ディスク タブをクリックして、ホットプラグする仮想ディスクを選択します。
  4. その他の操作アクティブ化 をクリックしてディスクを有効にします。あるいは、その他の操作非アクティブ化 をクリックしてディスクを無効にします。
  5. OK をクリックします。

5.3.5. 仮想マシンからの仮想ディスクの削除

仮想マシンからの仮想ディスクの削除

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ディスク タブをクリックして、削除する仮想ディスクを選択します。
  4. その他の操作非アクティブ化 をクリックします。
  5. OK をクリックします。
  6. 削除 をクリックします。
  7. オプションとして、完全に削除 のチェックボックスを選択すると、その仮想ディスクは環境から完全に削除されます。ディスクが共有されているなどの理由からこのオプションを選択しなかった場合には、その仮想ディスクは ストレージディスク に残ります。
  8. OK をクリックします。

ディスクが iSCSI などのブロックストレージとして作成され、ディスクの作成時に 削除後にワイプ のチェックボックスが選択されている場合には、ホストのログファイルを表示して、ディスクの完全削除後にデータが消去されていることを確認できます。『管理ガイド』「削除後に仮想ディスクをワイプする設定」を参照してください。

ディスクが iSCSI などのブロックストレージとして作成され、ディスクが削除される前にストレージドメインで 削除後に破棄 のチェックボックスが選択されている場合には、削除時に blkdiscard コマンドが論理ボリュームで呼び出され、下層のストレージにブロックが開放されたことが通知されます。『管理ガイド』「ストレージドメインの削除後に破棄の設定」を参照してください。Trim 処理の省略 のチェックボックスが選択されている仮想ディスクが 1 つ以上の仮想マシンにアタッチされている場合にも、仮想ディスクの削除時に blkdiscard が論理ボリュームで呼び出されます。

5.3.6. インポートされたストレージドメインからのディスクイメージのインポート

インポートされたストレージドメインからフローティング仮想ディスクをインポートすることができます。

以下の手順では、管理ポータルへのアクセス権が必要です。

注記

QEMU との互換性があるディスクのみが Manager にインポートすることができます。

ディスクイメージのインポート

  1. ストレージドメイン をクリックします。
  2. インポートしたストレージドメインをクリックして詳細ビューを表示します。
  3. ディスクのインポート をクリックします。
  4. 1 つまたは複数のディスクイメージを選択し、インポート をクリックして ディスクのインポート ウィンドウを開きます。
  5. 各ディスクに適切な ディスクプロファイル を選択します。
  6. OK をクリックして選択したディスクをインポートします。

5.3.7. インポートされたストレージドメインからの未登録のディスクイメージのインポート

ストレージドメインからフローティング仮想ディスクをインポートすることができます。Red Hat Virtualization 環境以外で作成されたフローティングディスクは、Manager には登録されていません。ストレージドメインをスキャンして、インポートする未登録のフローティングディスクを特定します。

以下の手順では、管理ポータルへのアクセス権が必要です。

注記

QEMU との互換性があるディスクのみが Manager にインポートすることができます。

ディスクイメージのインポート

  1. ストレージドメイン をクリックします。
  2. Manager が未登録のディスクを特定できるように、その他の操作ディスクをスキャン をクリックします。
  3. 未登録ディスクの名前を選択し、ディスクのインポート をクリックします。
  4. 1 つまたは複数のディスクイメージを選択し、インポート をクリックして ディスクのインポート ウィンドウを開きます。
  5. 各ディスクに適切な ディスクプロファイル を選択します。
  6. OK をクリックして選択したディスクをインポートします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。