6.6. 仮想マシンのゲストエージェントとドライバーの更新

6.6.1. Red Hat Enterprise Linux でのゲストエージェントとドライバーの更新

Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンで、最新版が使用されるようにゲストエージェントとドライバーを更新します。

Red Hat Enterprise Linux でのゲストエージェントとドライバーの更新

  1. Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンにログインします。
  2. ovirt-guest-agent-common パッケージを更新します。

    # yum update ovirt-guest-agent-common
  3. サービスを再起動します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

      # service ovirt-guest-agent restart
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

      # systemctl restart ovirt-guest-agent.service

6.6.2. Windows でのゲストエージェントとドライバーの更新

ゲストツールは、Red Hat Virtualization Manager と管理対象の仮想マシンとの間の通信を可能にするソフトウェアで構成され、仮想マシンの IP アドレス、メモリーの使用率、インストールされているアプリケーションなどの情報を提供します。ゲストツールは、ゲストにアタッチ可能な ISO ファイルとして配布されています。この ISO ファイルは、RPM ファイルとしてパッケージされており、Red Hat Virtualization Manager がインストールされているマシンからインストールおよびアップグレードすることができます。

Windows でのゲストエージェントとドライバーの更新

  1. Red Hat Virtualization Manager で Red Hat Virtualization ゲストツールを最新バージョンに更新します。

    # yum update -y rhv-guest-tools-iso*
  2. データドメインに ISO ファイルをアップロードします。詳細については、『管理ガイド』「データストレージドメインへのイメージのアップロード」を参照してください。
  3. 管理ポータルまたは VM ユーザーポータルで、仮想マシンが実行中の場合には、CD/DVD の変更 ボタンを使用して最新の rhv-tools-setup.iso ファイルを各仮想マシンにアタッチします。仮想マシンの電源がオフの場合には、1 回実行 ボタンをクリックして ISO を CD/DVD としてアタッチしてください。
  4. 更新した ISO が含まれる CD/DVD ドライブを選択して、RHEV-ToolsSetup.exe ファイルを実行します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。