3.2. 1 回実行オプションを使用した仮想マシンの起動

3.2.1. VirtIO に最適化されたハードウェアへの Windows のインストール

virtio-win.vfd ディスケットを仮想マシンにアタッチして、Windows のインストール中に VirtIO に最適化されたディスクおよびネットワークデバイスドライバーをインストールします。これらのドライバーは、エミュレートされたデバイスドライバーよりも高いパフォーマンスを提供します。

1 回実行 オプションを使用して、新規仮想マシン ウィンドウで定義された ブートオプション とは異なる 1 回限りの起動設定としてディスケットをアタッチします。以下の手順では、Red Hat VirtIO ネットワークインターフェースと VirtIO インターフェースを使用するディスクが仮想マシンに追加されていることが前提となっています。

注記

virtio-win.vfd ディスケットは、Manager サーバーでホストされている ISO ストレージドメインに自動的に配置されます。このディスケットをデータストレージドメインに手動でアップロードすることができます。詳細については、『管理ガイド』「データストレージドメインへのイメージのアップロード」を参照してください。

Windows インストール時の VirtIO ドライバーのインストール

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  2. 実行1 回実行 をクリックします。
  3. ブートオプション メニューを展開します。
  4. フロッピー のチェックボックスを選択し、ドロップダウンリストから virtio-win.vfd を選択します。
  5. CD/DVD のチェックボックスを選択し、ドロップダウンリストから必要な Windows ISO を選択します。
  6. ブートシーケンス フィールドで CD/DVD-ROM を 1 番上に移動します。
  7. 必要に応じて、その他の 1 回実行 オプションを設定します。詳しい情報は、「1 回実行ウィンドウの設定」を参照してください。
  8. OK をクリックします。

仮想マシンの ステータスUp に変わり、オペレーティングシステムのインストールが開始します。仮想マシンへのコンソールが自動的に開かれていない場合には開きます。

Windows のインストールには、インストールプロセスの早期に追加のドライバーを読み込むオプションが含まれています。このオプションを使用して、A: として仮想マシンにアタッチされている virtio-win.vfd ディスケットからドライバーを読み込みます。サポートされる仮想マシンアーキテクチャーおよび Windows バージョンごとに、最適なハードウェアデバイスドライバーが含まれるフォルダーがディスク上に存在します。

3.2.2. 仮想マシンのコンソールの表示

Remote Viewer を使用して仮想マシンに接続します。

仮想マシンへの接続

  1. Remote Viewer がインストールされていない場合はインストールします。「コンソールコンポーネントのインストール」を参照してください。
  2. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  3. コンソール をクリックします。

    • 接続プロトコルに SPICE が指定されている場合は、仮想マシンのコンソールウィンドウが自動的に開きます。
    • 接続プロトコルに VNC が指定されている場合は、console.vv ファイルがダウンロードされます。ファイルをクリックすると、仮想マシンのコンソールウィンドウが自動的に開きます。
注記

システムが仮想マシンに自動的に接続されるように設定することができます。「仮想マシンへの自動接続」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。