2.2. 仮想マシンの起動

2.2.1. 仮想マシンの起動

仮想マシンの起動

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして、ステータスが Down の仮想マシンを選択します。
  2. 実行 をクリックします。

仮想マシンの ステータスUp に変わり、オペレーティングシステムのインストールが開始します。仮想マシンへのコンソールが自動的に開かれていない場合には開きます。

注記

CPU が過負荷の状態にあるホストでは、仮想マシンは起動しません。デフォルトでは、80% 以上の負荷が 5 分間続いた場合に、ホストの CPU が過負荷状態にあるとみなされます。ただし、これらの値はスケジューリングポリシーを使用して変更することができます。詳細については、『管理ガイド』「スケジューリングポリシー」を参照してください。

2.2.2. 仮想マシンのコンソールの表示

Remote Viewer を使用して仮想マシンに接続します。

仮想マシンへの接続

  1. Remote Viewer がインストールされていない場合はインストールします。「コンソールコンポーネントのインストール」を参照してください。
  2. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  3. コンソール をクリックします。console.vv ファイルがダウンロードされます。
  4. ファイルをクリックすると、仮想マシンのコンソールウィンドウが自動的に開きます。
注記

システムが仮想マシンに自動的に接続されるように設定することができます。「仮想マシンへの自動接続」を参照してください。

2.2.3. 仮想マシンのシリアルコンソールの表示

仮想マシンのシリアルコンソールには、管理ポータルや VM ユーザーポータルからコンソールを開くのではなく、コマンドラインからアクセスすることができます。シリアルコンソールは、SSH とキーペアを使用して VirtIO チャネル経由でエミュレートされます。Manager は接続のプロキシーの役割を果たし、仮想マシンの配置の情報を提供して、認証鍵を保管します。管理ポータルまたは VM ユーザーポータルから各ユーザーの公開鍵を追加できます。適切なパーミッションのある仮想マシンのシリアルコンソールにのみアクセス可能です。

重要

仮想マシンのシリアルコンソールにアクセスするには、ユーザーにその仮想マシンの UserVmManagerSuperUser、または UserInstanceManager のパーミッションが必要です。これらのパーミッションは、それぞれのユーザーに明示的に定義する必要があり、全員 にこれらのパーミッションを割り当てるだけでは不十分です。

シリアルコンソールには、Manager の TCP ポート 2222 経由でアクセスします。このポートは、新規インストールで engine-setup を実行する際に開放されます。ポートを変更するには、「ovirt-vmconsole/README」を参照してください。

シリアルコンソールは、Manager の ovirt-vmconsole および ovirt-vmconsole-proxy パッケージ、ならびに仮想ホストの ovirt-vmconsole および ovirt-vmconsole-host パッケージに依存します。デフォルトでは、これらのパッケージは新規インストールの際にインストールされます。既存の環境にパッケージをインストールするには、ホストを再インストールします。『管理ガイド』「ホストの再インストール」を参照してください。

仮想マシンのシリアルコンソールの有効化

  1. シリアルコンソールにアクセスする仮想マシンで、/etc/default/grub に以下の行を追加します。

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="console=tty0 console=ttyS0,115200n8"
    GRUB_TERMINAL="console serial"
    GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"
    注記

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT では、デフォルトのメニューエントリーにしかこの設定が適用されません。すべてのメニューエントリーに設定を適用するには、GRUB_CMDLINE_LINUX を使用してください。

    /etc/default/grub にこれらの行がすでに存在する場合には、それらを新しい設定に更新します。重複して設定しないでください。

  2. /boot/grub2/grub.cfg を再構築します。

    • BIOS ベースのマシンの場合:

      # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
    • UEFI ベースのマシンの場合:

      # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg

      詳細については、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』「シリアルコンソールでの GRUB 2」を参照してください。

  3. 仮想マシンのシリアルコンソールにアクセスしているクライアントマシンで、SSH キーペアを生成します。Manager は、RSA キー等の標準の SSH キータイプをサポートします。

    # ssh-keygen -t rsa -b 2048 -C "user@domain" -f .ssh/serialconsolekey

    このコマンドで、公開鍵と秘密鍵が生成されます。

  4. 管理ポータルまたは VM ユーザーポータルのヘッダーバーにあるログインユーザーの名前をクリックし、オプション をクリックして オプションの編集 ウィンドウを開きます。
  5. ユーザーの公開鍵 のテキストフィールドで、シリアルコンソールにアクセスする際に使用するクライアントマシンの公開鍵を貼り付けます。
  6. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  7. 編集 をクリックします。
  8. 仮想マシンの編集 ウィンドウの コンソール タブで、VirtIO シリアルコンソールを有効にする のチェックボックスを選択します。

仮想マシンのシリアルコンソールへの接続

クライアントマシンで、仮想マシンのシリアルコンソールに接続します。

  • 利用可能な仮想マシンが 1 台の場合には、以下のコマンドでユーザーをその仮想マシンに接続します。

    # ssh -t -p 2222 ovirt-vmconsole@Manager_FQDN -i .ssh/serialconsolekey
    Red Hat Enterprise Linux Server release 6.7 (Santiago)
    Kernel 2.6.32-573.3.1.el6.x86_64 on an x86_64
    USER login:
  • 複数の仮想マシンが使用できる状態の場合には、以下のコマンドにより利用可能な仮想マシンおよびその ID が一覧表示されます。

    # ssh -t -p 2222 ovirt-vmconsole@Manager_FQDN -i .ssh/serialconsolekey list
    1. vm1 [vmid1]
    2. vm2 [vmid2]
    3. vm3 [vmid3]
    > 2
    Red Hat Enterprise Linux Server release 6.7 (Santiago)
    Kernel 2.6.32-573.3.1.el6.x86_64 on an x86_64
    USER login:

    接続するマシンの番号を入力して、Enter を押します。

  • または、一意識別子または名前を使用して仮想マシンに直接接続します。

    # ssh -t -p 2222 ovirt-vmconsole@Manager_FQDN connect --vm-id vmid1
    # ssh -t -p 2222 ovirt-vmconsole@Manager_FQDN connect --vm-name vm1

仮想マシンのシリアルコンソールからの接続解除

任意のキーに続いて ~ . を押し、シリアルコンソールセッションを終了します。

接続の異常によりシリアルコンソールセッションが切断された場合には、TCP タイムアウトが発生します。タイムアウトの期間が終了するまで、この仮想マシンのシリアルコンソールに再接続することはできません。

2.2.4. 仮想マシンへの自動接続

実行中の仮想マシンが 1 台の場合には、ログインするとその仮想マシンに自動的に接続することができます。これは、VM ユーザーポータルで設定できます。

仮想マシンへの自動接続

  1. 仮想マシン のページで仮想マシンの名前をクリックし、詳細ビューを表示します。
  2. コンソール の横の鉛筆アイコンをクリックし、自動的に接続ON に設定します。

実行中の仮想マシンが 1 台だけの場合は、VM ユーザーポータルに次回ログインすると、そのマシンに自動的に接続されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。