5.2. ネットワークインターフェース

5.2.1. 新規ネットワークインターフェースの追加

仮想マシンに複数のネットワークインターフェースを追加することができます。複数のネットワークインターフェースを使用すると、複数の論理ネットワーク上に仮想マシンを配置することができます。

注記

仮想マシンに対して、ホストとは独立したオーバーレイネットワークを作成することができます。そのためには、ホストの物理インターフェースにアタッチされていない論理ネットワークを定義します。たとえば、ホスト内に作成したブリッジを使用して仮想マシン同士が通信を行う、DMZ 環境を作成することができます。

オーバーレイネットワークに使用される OVN は、外部ネットワークプロバイダーとしてインストールする必要があります。詳細については、『管理ガイド』を参照してください。

仮想マシンへのネットワークインターフェース追加

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ネットワークインターフェース タブをクリックします。
  4. 新規作成 をクリックします。
  5. ネットワークインターフェースの 名前 を入力します。
  6. ドロップダウンリストから、ネットワークインターフェースの プロファイル および タイプ を選択します。プロファイル および タイプ のドロップダウンリストは、対象のクラスターで利用可能なプロファイルおよびネットワークタイプや、仮想マシンで利用可能なネットワークインターフェースカードに応じて生成されます。
  7. 必要に応じて、カスタム MAC アドレス チェックボックスを選択し、ネットワークインターフェースカードの MAC アドレスを入力します。
  8. OK をクリックします。

新しいネットワークインターフェースは、仮想マシンの詳細ビューにある ネットワークインターフェース タブに表示されます。ネットワークインターフェースカードが仮想マシン上で定義され、ネットワークに接続されている場合、デフォルトでは リンク状態Up に設定されます。

新規ネットワークインターフェース ウィンドウのフィールドに関する詳細は、「新規ネットワークインターフェースおよびネットワークインターフェースの編集ウィンドウの設定」を参照してください。

5.2.2. ネットワークインターフェースの編集

ネットワーク設定を変更するには、ネットワークインターフェースを編集する必要があります。以下の手順は、実行中の仮想マシンで実行することが可能ですが、実行中でない仮想マシンでしか実行できないアクションもあります。

ネットワークインターフェースの編集

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ネットワークインターフェース タブをクリックし、編集するネットワークインターフェースを選択します。
  4. 編集 をクリックします。
  5. 必要に応じて設定を変更します。名前プロファイルタイプ、および カスタム MAC アドレス を指定することができます。「新規ネットワークインターフェースの追加」を参照してください。
  6. OK をクリックします。

5.2.3. ネットワークインターフェースのホットプラグ

ネットワークインターフェースは、ホットプラグが可能です。ホットプラグとは、仮想マシンを実行中にデバイスを有効または無効にする操作です。

注記

ゲストのオペレーティングシステムは、ネットワークインターフェースのホットプラグをサポートする必要があります。

ネットワークインターフェースのホットプラグ

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ネットワークインターフェース タブをクリックし、ホットプラグするネットワークインターフェースを選択します。
  4. 編集 をクリックします。
  5. ネットワークインターフェースを有効にするには カードの状態装填 に、ネットワークインターフェースを無効にするには 未装填 に設定します。
  6. OK をクリックします。

5.2.4. ネットワークインターフェースの削除

ネットワークインターフェースの削除

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューを表示します。
  3. ネットワークインターフェース タブをクリックし、削除するネットワークインターフェースを選択します。
  4. 削除 をクリックします。
  5. OK をクリックします。

5.2.5. ネットワークインターフェースのブラックリスト登録

仮想マシンの ovirt-guest-agent を設定して、特定の NIC を無視することができます。これにより、特定のソフトウェアにより作成されたネットワークインターフェースに関連付けられた IP アドレスがレポートに表示されるのを防ぐことができます。ブラックリストに登録するネットワークインターフェースの名前および番号を指定する必要があります (例: eth0docker0)。

重要

ゲストエージェントを初めて起動する前に、仮想マシンで NIC をブラックリストに登録する必要があります。

ネットワークインターフェースのブラックリスト登録

  1. 仮想マシンの /etc/ovirt-guest-agent.conf 設定ファイルに以下の行を挿入します。無視する NIC は、スペースで区切ります。

    ignored_nics = first_NIC_to_ignore second_NIC_to_ignore
  2. エージェントを起動します。

    # systemctl start ovirt-guest-agent
注記

一部の仮想マシンのオペレーティングシステムでは、インストール中にゲストエージェントが自動的に起動します。

お使いの仮想マシンのオペレーティングシステムがゲストエージェントを自動的に起動する場合、または多くの仮想マシンでブラックリストを設定する必要がある場合には、設定済みの仮想マシンをテンプレートとして使用し、追加の仮想マシンを作成します。詳細については、「テンプレートの作成」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。