2.4. ゲストエージェントおよびドライバーのインストール

2.4.1. Red Hat Virtualization のゲストエージェントとドライバー

Red Hat Virtualization のゲストエージェントおよびドライバーにより、Red Hat Enterprise Linux および Windows 仮想マシンの追加情報や機能が提供されます。主要な機能には、リソースの使用状況の監視、VM ユーザーポータルや管理ポータルからの仮想マシンの正常なシャットダウンまたは再起動などが含まれます。この機能を使用する仮想マシン上に、Red Hat Virtualization のゲストエージェントとドライバーをインストールする必要があります。

表2.1 Red Hat Virtualization のゲストドライバー

ドライバー説明対象ゲスト

virtio-net

準仮想化ネットワークドライバーは、rtl のようなエミュレートされたデバイスよりも高いパフォーマンスを提供します。

サーバーまたはデスクトップ

virtio-block

準仮想化 HDD ドライバーは、ゲストとハイパーバイザーとの間の調整および通信を最適化することによって、IDE のようなエミュレートされたデバイスよりも高い I/O パフォーマンスを提供します。このドライバーは、ホストがハードウェアデバイスの役割を果たすのに使用する virtio-device のソフトウェア実装を補完します。

サーバーまたはデスクトップ

virtio-scsi

準仮想化 iSCSI HDD ドライバーは、virtio ブロックデバイスに同様の機能性と、一部の追加拡張機能を提供します。特に、このドライバーは、100 単位のデバイスの追加をサポートし、標準の SCSI デバイス名前付けスキームを使用してデバイスに命名します。

サーバーまたはデスクトップ

virtio-serial

Virtio-serial は、複数のシリアルポートのサポートを提供します。パフォーマンス向上によりゲストとホストの間の通信が高速化され、ネットワークの複雑化が回避されます。この高速通信は、ゲストエージェントならびにゲストとホスト間のクリップボードを使用したコピーアンドペーストやロギングなどのその他の機能に必要です。

サーバーまたはデスクトップ

virtio-balloon

Virtio-balloon はゲストが実際にアクセスするメモリーの容量を制御するのに使用します。これにより、メモリーのオーバーコミットが向上します。Red Hat Virtualization では、バルーンドライバーは今後の互換性確保のためにインストールされますが、デフォルトでは使用されません。

サーバーまたはデスクトップ

qxl

準仮想化ディスプレイドライバーによりホスト上の CPU 使用率が低減されます。また大半のワークロードでネットワーク帯域幅が削減されることにより、パフォーマンスが向上します。

サーバーまたはデスクトップ

表2.2 Red Hat Virtualization のゲストエージェントおよびツール

ゲストエージェント/ツール説明対象ゲスト

ovirt-guest-agent-common

Red Hat Virtualization Manager がゲストの内部イベントおよび情報 (例: IP アドレスおよびインストールされているアプリケーションなど) を受信できるようになります。また、Manager がゲストに対してシャットダウンや再起動などの特定のコマンドを実行できるようになります。

Red Hat Enterprise Linux 6 以降のバージョンのゲストでは、ovirt-guest-agent-common により tuned が仮想マシンにインストールされ、最適化された仮想化ゲストプロファイルを使用するように設定されます。

サーバーまたはデスクトップ

spice-agent

SPICE エージェントは複数のモニターに対応しており、QEMU エミュレーションよりも優れたユーザーエクスペリエンスと応答性を提供します。client-mouse-mode ではカーソルキャプチャーは必要ありません。SPICE エージェントは、ディスプレイレベル (色深度を含む) を削減し、壁紙、フォントスムージング、およびアニメーションを無効にすることによって、ワイドエリアネットワークで使用する場合の帯域幅の使用率を低減します。SPICE エージェントは、クリップボードのサポートを有効化してクライアントとゲストの間におけるテキストと画像の両方のカットアンドペースト操作や、クライアント側の設定に対応したゲストディスプレイの自動設定を可能にします。Windows ゲストでは、SPICE エージェントは vdservice と vdagent で構成されます。

サーバーまたはデスクトップ

rhev-sso

Red Hat Virtualization Manager へのアクセスに使用する認証情報に基づいたユーザーの自動ログインを可能にするエージェント。

デスクトップ

2.4.2. Red Hat Enterprise Linux へのゲストエージェントとドライバーのインストール

Red Hat Virtualization Agent リポジトリーで提供される ovirt-guest-agent パッケージを使用して、Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンに Red Hat Virtualization ゲストエージェントとドライバーをインストールします。

Red Hat Enterprise Linux へのゲストエージェントとドライバーのインストール

  1. Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンにログインします。
  2. Red Hat Virtualization Agent リポジトリーを有効にします。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

      # subscription-manager repos --enable=rhel-6-server-rhv-4-agent-rpms
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

      # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rh-common-rpms
  3. ovirt-guest-agent-common パッケージと依存関係をインストールします。

    # yum install ovirt-guest-agent-common
  4. サービスを起動し、さらに有効にします。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

      # service ovirt-guest-agent start
      # chkconfig ovirt-guest-agent on
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

      # systemctl start ovirt-guest-agent.service
      # systemctl enable ovirt-guest-agent.service
  5. qemu-ga サービスを起動し、さらに有効にします。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合

      # service qemu-ga start
      # chkconfig qemu-ga on
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

      # systemctl start qemu-guest-agent.service
      # systemctl enable qemu-guest-agent.service

ゲストエージェントにより、使用状況に関する情報が Red Hat Virtualization Manager に提供されるようになりました。Red Hat Virtualization エージェントは、ovirt-guest-agent と呼ばれるサービスとして実行されます。このサービスは、/etc/ ディレクトリーの ovirt-guest-agent.conf 設定ファイルで設定可能です。