6.15. 仮想マシンの高可用性設定によるアップタイムの向上

6.15.1. 高可用性とは

高可用性は、クリティカルなワークロードを実行する仮想マシンに推奨される設定です。仮想マシンのプロセスが中断された際に、高可用性の仮想マシンは、元のホストまたは同じクラスター内の別のホスト上で自動的に再起動します。プロセスが中断されるシナリオの例を以下に示します。

  • ハードウェア障害によりホストが非稼働状態となった場合
  • 定期的なダウンタイムでホストがメンテナンスモードに切り替えられた場合
  • 外部ストレージリソースとの通信が途絶えたためにホストが使用不可となった場合

高可用性の仮想マシンが正常にシャットダウンされた場合、仮想マシンは再起動しません。仮想マシンが正常にシャットダウンされるシナリオの例を以下に示します。

  • 仮想マシンがゲスト内からシャットダウンされた場合
  • 仮想マシンが Manager からシャットダウンされた場合
  • ホストが管理者によりシャットダウンされたが、先にメンテナンスモードに切り替えられなかった場合

ストレージドメイン V4 以降の場合は、ストレージ上の特別なボリュームでリースを取得する機能が仮想マシンに追加され、元のホストの電源が切断された場合でも、仮想マシンが別のホストで起動できるようになります。仮想マシンが複数のホストで起動されてしまうと、仮想マシンのディスクが破損する場合があるため、この機能は、仮想マシンが 2 つの異なるホストで起動されるのを防ぐ仕組みにもなっています。

高可用性を設定すると、仮想マシンは数秒で再起動し、ユーザーの介入は必要ないため、サービスの停止を最小限に抑えることができます。高可用性により、その時点にリソース使用率が低いホスト上で、もしくは設定したワークロード分散/パワーセービングポリシーに基づいてゲストが再起動するので、リソースのバランスを保つことができます。このため、仮想マシンを随時再起動するために十分な容量が確保されます。

高可用性とストレージ I/O エラー

ストレージ I/O エラーが発生すると、仮想マシンは一時停止します。ストレージドメインとの接続が再び確立された際に、ホストが高可用性の仮想マシンをどのように処理するかを定義することができます。仮想マシンは、再開する、異常な状態でシャットダウンされる、または一時停止の状態を維持する、のいずれかに設定することができます。これらのオプションの詳細については、「仮想マシンの高可用性の設定」を参照してください。

6.15.2. 高可用性に関する考慮事項

高可用性のホストには、電源管理デバイスとフェンシングパラメーターを設定する必要があります。また、ホストの稼働が停止した時に仮想マシンを高可用性状態にするには、同じクラスター内で使用可能な別のホスト上で起動する必要があります。高可用性の仮想マシンの移行を有効にするには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 高可用性の仮想マシンを実行するホストで、電源管理の設定を設定済みであること。
  • 高可用性の仮想マシンを実行するホストが、他に使用可能なホストが存在するクラスターの一部であること。
  • 移行先のホストが稼働中であること。
  • 仮想マシンが属するデータドメインに、移行元および移行先のホストがアクセス可能であること。
  • 移行元と移行先のホストは、同じ仮想ネットワークと VLAN にアクセス可能であること。
  • 移行先のホストに、仮想マシンの要件に対応する、未使用の CPU が十分にあること。
  • 移行先のホストには、仮想マシンの要件に対応するのに十分な RAM の空き容量があること。

6.15.3. 高可用性仮想マシンの設定

高可用性は、仮想マシンごとに個別に設定する必要があります。

高可用性仮想マシンの設定

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. 高可用性 タブをクリックします。
  4. 高可用性 のチェックボックスを選択し、その仮想マシンで高可用性を有効化します。
  5. 仮想マシンのリースを保持するストレージドメインを選択するか、仮想マシンリース用のターゲットストレージドメイン ドロップダウンリストから 仮想マシンリースなし を選択してこの機能を無効にします。仮想マシンリースに関する詳しい情報は「高可用性とは」を参照してください。

    重要

    この機能は、V4 以降のストレージドメインでのみ利用できます。

  6. 再開の動作 のドロップダウンリストから、AUTO_RESUMELEAVE_PAUSED、または KILL を選択します。仮想マシンリースを定義した場合、設定することのできるオプションは KILL だけです。詳細については、「仮想マシンの高可用性の設定」を参照してください。
  7. 優先度 のドロップダウンリストから 、または を選択します。移行がトリガーされると、キューが作成され、優先度の高い仮想マシンが最初に移行されます。クラスターのリソースが不足してきた場合には、優先度の高い仮想マシンのみが移行されます。
  8. OK をクリックします。