2.3. 必要なリポジトリーの有効化

Red Hat により署名されたパッケージをインストールするには、インストール先のシステムをコンテンツ配信ネットワークに登録し、自分のサブスクリプションプールからエンタイトルメントを使用して、必要なリポジトリーを有効にする必要があります。

サブスクリプションマネージャーを使用した必要なリポジトリーの有効化

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
  2. 適切なサブスクリプションプールを探し、プールの識別子を書き留めます。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプールの識別子を使用して、必要なサブスクリプションをアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
  4. 複数のリポジトリーがあるサブスクリプションプールにシステムをアタッチする場合は、デフォルトではメインのリポジトリーのみが有効化されます。それ以外のリポジトリーは利用可能ですが、無効化されています。別のリポジトリーを有効化するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager repos --enable=repository
  5. 現在インストールされている全パッケージを最新の状態にします。

    # yum update

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。