7.2. テンプレートの作成

既存の仮想マシンからテンプレートを作成して、追加の仮想マシンを作成するためのブループリントとして使用します。

テンプレートの作成時には、ディスク形式を raw または QCOW2 に指定します。

  • QCOW2 ディスクはシンプロビジョニングされます。
  • ファイルストレージの Raw ディスクはシンプロビジョニングされます。
  • ブロックストレージの Raw ディスクは事前割り当てされます。

テンプレートの作成

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして、ベースにする仮想マシンを選択します。
  2. 仮想マシンの電源がオフで Down のステータスであることを確認します。
  3. その他の操作テンプレートを作成 をクリックします。新規テンプレート ウィンドウの全フィールドに関する詳細は、「新規テンプレートウィンドウの設定」を参照してください。
  4. テンプレートの 名前説明、および コメント を入力します。
  5. クラスター ドロップダウンリストからテンプレートに関連付けるクラスターを選択します。デフォルトでは、ソースの仮想マシンと同じクラスターが選択されます。
  6. オプションとして、CPU プロファイル のドロップダウンリストからテンプレートに対する CPU プロファイルを選択します。
  7. さらに、既存のテンプレートのサブテンプレートとして新規テンプレートを作成する場合は、テンプレートのサブバージョンとして作成 のチェックボックスにチェックを入れて ルートテンプレート を選択し、サブバージョン名 を入力します。
  8. ディスクの割り当て セクションでは、エイリアス テキストフィールドにディスクのエイリアスを入力します。形式 ドロップダウンからはディスク形式、ターゲット ドロップダウンからはディスクを保存するストレージドメイン、ディスクプロファイル ドロップダウンからはディスクのプロファイルを選択します。デフォルトでは、ソースの仮想マシンと同じです。
  9. 全ユーザーにこのテンプレートへのアクセスを許可する チェックボックスを選択して、テンプレートをパブリックに指定します。
  10. 仮想マシンのパーミッションをコピーする チェックボックスを選択して、ソースの仮想マシンのパーミッションをテンプレートにコピーします。
  11. テンプレートをシーリングする (Linux のみ) のチェックボックスを選択して、テンプレートをシーリングします (Linux のみ)。

    注記

    仮想マシンをベースにテンプレートを作成する前に、virt-sysprep コマンドを使用するシーリングにより、その仮想マシンからシステム固有の情報を削除します。これにより、元の仮想マシンの情報が、同じテンプレートを使用して作成される以降の仮想マシンに使用されるのを防ぎます。また、予測可能な vNIC の順序など、その他の機能も確実に動作するようになります。詳細については、「付録B virt-sysprep 処理」を参照してください。

  12. OK をクリックします。

テンプレートの作成中には、仮想マシンは Image Locked のステータスで表示されます。テンプレートの作成プロセスは、仮想ディスクのサイズやストレージハードウェアの性能によっては、最長で 1 時間かかる場合があります。作成が完了すると、テンプレートが テンプレート タブに追加されて、そのテンプレートを使用して新規仮想マシンを作成することができるようになります。

注記

テンプレートの作成時には、仮想マシンがコピーされるので、作成後には既存の仮想マシンとそのテンプレートの両方が使用可能となります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。