4.7. 仮想 NUMA の設定

管理ポータルで、仮想マシンに仮想 NUMA ノードを設定して、ホストの物理 NUMA ノードに固定することができます。ホストのデフォルトポリシーは、ホストで利用可能なリソースで仮想マシンをスケジューリングして実行します。そのため、1 つのホストソケットに収まらない大容量の仮想マシンをバッキングするリソースは、複数の NUMA ノードに分散して、時間をかけてノード間を移動するため、パフォーマンスが低下したり推測不能になったりする可能性があります。仮想 NUMA ノードを設定および固定して、このような状況を回避して、パフォーマンスを向上します。

仮想 NUMA を設定するには、ホストで NUMA を有効にする必要があります。ホストで NUMA が有効になっているかを確認するには、ホストにログインして numactl --hardware を実行します。このコマンドの出力には、最低でも 2 つの NUMA ノードが表示されるはずです。管理ポータルでホストの NUMA トポロジーを確認することもできます。その場合は、ホスト タブからホストを選択して NUMA サポート をクリックします。このボタンは、選択したホストに最低でも 2 つの NUMA ノードがないと利用できません。

仮想 NUMA の設定

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. ホスト タブをクリックします。
  4. 特定のホスト のラジオボタンを選択して、一覧からホストを 1 つ選択します。選択したホストには、最低でも 2 つの NUMA ノードが指定されている必要があります。
  5. 移行モード のドロップダウンリストから 移行を許可しない を選択します。
  6. NUMA ノード数 フィールドに数字を入力して、仮想 NUMA ノードを仮想マシンに割り当てます。
  7. チューニングモード ドロップダウンリストから 厳格優先、または インターリーブ を選択します。選択したモードが 優先 の場合は NUMA ノード数1 に設定する必要があります。
  8. NUMA 固定 をクリックします。
  9. NUMA トポロジー ウィンドウで、必要に応じて右側のボックスの仮想 NUMA ノードをクリックして左側のホスト NUMA ノードにドラッグし、OK をクリックします。
  10. OK をクリックします。
注記

ホストデバイスが 1 台以上あり、これらのデバイスがすべて単一の NUMA ノードに属している場合には、仮想 NUMA ノードをホスト NUMA ノードに固定しなければ、システムはホストデバイスのメモリーマップト I/O (MMIO) が含まれる NUMA ノードにデフォルト設定されます。