4.8. 仮想マシンの Red Hat Satellite エラータ管理の設定

管理ポータルで、利用可能なエラータを表示するように仮想マシンの設定を行います。利用可能なエラータを表示するには、仮想マシンは Red Hat Satellite サーバーに関連付ける必要があります。

Red Hat Virtualization 4.2 では、Red Hat Satellite 6.1 を使用したエラータ管理をサポートしています。

以下の前提条件を満たす必要があります。

重要

Satellite サーバー内では、仮想マシンは FQDN で識別されます。このため、外部コンテンツホストの ID を Red Hat Virtualization で維持管理する必要はありません。

Red Hat Satellite エラータ管理の設定

注記

仮想マシンは、Satellite サーバーにコンテンツホストとして登録し、katello-agent パッケージをインストールする必要があります。

ホストの登録の設定方法についての詳しい情報は、『Red Hat Satellite User Guide』「Configuring a Host for Registration」のセクションを参照してください。また、ホストの登録および katello-agent パッケージのインストールの方法に関する詳しい情報は、『Red Hat Satellite User Guide』「Registration」のセクションを参照してください。

  1. コンピュート仮想マシン をクリックして仮想マシンを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. Foreman/Satellite タブをクリックします。
  4. プロバイダー のドロップダウンリストから必要な Satellite サーバーを選択します。
  5. OK をクリックします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。