4.10. ハイパフォーマンス仮想マシン、テンプレート、およびプールの設定

可能な限りベアメタルに近いパフォーマンスメトリックで動作するように、仮想マシンをハイパフォーマンスに設定することができます。ハイパフォーマンスの最適化を選択すると、最大限の効率を得るために、仮想マシンには自動設定および推奨される手動設定が適用されます。

ハイパフォーマンスのオプションは、管理ポータルからのみ設定可能です。仮想マシン、テンプレート、またはプールの 編集 または 新規 ウィンドウにおいて、最適化オプション のドロップダウンリストで ハイパフォーマンス を選択します。VM ユーザーポータルではこのオプションを利用することはできません。

ハイパフォーマンスのオプションは Red Hat Virtualization 4.2 以降でしかサポートされません。したがって、以前の互換バージョンでは利用することはできません。

仮想マシン

実行中の仮想マシンの最適化オプションをハイパフォーマンスに変更した場合、一部の設定変更は仮想マシンを再起動するまで反映されません。

新規または既存の仮想マシンの最適化オプションをハイパフォーマンスに変更するには、まず始めにクラスターや固定したホストの設定に手動で変更を加えなければならない場合があります。

パフォーマンスを向上させる代わりに柔軟度が低下するので、ハイパフォーマンス仮想マシンには一定の制約が適用されます。

  • ハイパフォーマンス仮想マシンを移行することはできません。
  • 推奨設定に従って CPU スレッド、IO スレッド、エミュレータースレッド、または NUMA モードにピニングが設定されると、ハイパフォーマンス仮想マシンにはクラスターホストのサブセットしか割り当てることができません。
  • 多くのデバイスが自動的に無効になり、仮想マシンのユーザビリティーが制限されます。

テンプレートとプール

仮想マシンと同様の手法で、ハイパフォーマンステンプレートおよびプールが作成/編集されます。ハイパフォーマンステンプレートまたはプールを使用して新規仮想マシンを作成した場合、その仮想マシンはこのプロパティーおよびその設定を引き継ぎます。ただし、一部の設定は引き継がれず、以下のような制約が適用されます。

  • テンプレートには CPU ピニングを設定することはできません。CPU ピニングは、仮想マシンおよびハイパフォーマンス仮想マシンから作成されるプールに対して手動で設定する必要があります。
  • テンプレートまたはプールには仮想 NUMA および NUMA ピニングトポロジーを設定することはできません。仮想 NUMA は、ハイパフォーマンステンプレートをベースに仮想マシンを作成する際に手動で設定する必要があります。
  • プールでは、IO およびエミュレータースレッドピニングトポロジーはサポートされません。

4.10.1. ハイパフォーマンス仮想マシン、テンプレート、またはプールの作成

ハイパフォーマンス仮想マシン、テンプレート、またはプールを作成するには、以下の手順を実施します。

  1. 新規 または 編集 ウィンドウで、最適化オプション のドロップダウンメニューから ハイパフォーマンス を選択します。

    このオプションを選択すると、この仮想マシンの設定の一部が自動的に変更されます。別のタブをクリックして、設定の変更を確認することができます。変更された設定を元の設定に戻すことや、さらに上書きすることができます (詳細については、「ハイパフォーマンス設定の自動定義」を参照してください)。設定を変更した場合には、最後の値が保存されます。

  2. OK をクリックします。

    手動で何も設定していない場合には、ハイパフォーマンス仮想マシン/プールの設定 画面が表示され、推奨される手動設定を確認することができます。

    一部の項目を手動で設定している場合、ハイパフォーマンス仮想マシン/プールの設定 画面にはまだ設定していない項目が表示されます。

    推奨されるすべての手動設定を適用している場合、ハイパフォーマンス仮想マシン/プールの設定 画面は表示されません。

  3. ハイパフォーマンス仮想マシン/プールの設定 画面が表示されたら、キャンセル をクリックして 新規 または 編集 ウィンドウに戻って手動設定を行ってください。詳細については、「推奨される手動設定の定義」を参照してください。

    あるいは、OK をクリックして推奨設定を無視します。その結果、パフォーマンスのレベルが低下する場合があります。

  4. OK をクリックします。

    最適化のタイプは、仮想マシン、プール、またはテンプレートの詳細ビューの 全般 タブで確認することができます。

注記

一部の設定により、ハイパフォーマンスに関する設定が上書きされる場合があります。たとえば、最適化オプション ドロップダウンメニューから ハイパフォーマンス を選択して手動設定を行う前に仮想マシンのインスタンスタイプを選択した場合、インスタンスタイプの設定はハイパフォーマンスに関する設定に影響を及ぼしません。ただし、ハイパフォーマンスに関する設定を行った後にインスタンスタイプを選択した場合は、別のタブで最終的な設定を確認して、ハイパフォーマンスに関する設定がインスタンスタイプによって上書きされていないことを確認する必要があります。

通常は、最後に保存した設定が優先されます。

4.10.1.1. ハイパフォーマンス設定の自動定義

自動設定の概要を以下の表に示します。有効/無効 列に、設定の有効/無効を示します。対象 列には、設定が適用されるリソースを示します。

  • VM: 仮想マシン
  • T: テンプレート
  • P: プール
  • C: クラスター

表4.3 ハイパフォーマンス設定の自動定義

設定有効/無効対象

ヘッドレスモード (コンソール タブ)

有効

VM、T、P

USB サポート (コンソール タブ)

無効

VM、T、P

スマートカードを有効にする (コンソール タブ)

無効

VM、T、P

サウンドカードを有効にする (コンソール タブ)

無効

VM、T、P

VirtIO シリアルコンソールを有効にする (コンソール タブ)

有効

VM、T、P

移行を許可しない (ホスト タブ)

無効

VM

ホストの CPU をパススルーする (ホスト タブ)

有効

VM、T、P

高可用性 [a] (高可用性 タブ)

無効

VM、T、P

ウォッチドッグなし (高可用性 タブ)

無効

VM、T、P

メモリーバルーンデバイスを有効にする (リソースの割り当て タブ)

無効

VM、T、P

IO スレッドを有効にする [b] (リソースの割り当て タブ)

有効

VM、T、P

乱数ジェネレーターを有効にする (準仮想化乱数ジェネレーター PCI (virtio-rng) デバイス) (乱数ジェネレーター タブ)

有効

VM、T、P

IO およびエミュレータースレッドピニングトポロジー

有効

VM、T

CPU キャッシュレイヤー 3

有効

VM、T、P

[a] 高可用性 は自動的には有効になりません。手動で有効にする場合は、固定されたホストに対してのみ高可用性を有効にしてください。
[b] IO スレッド数 = 1

4.10.1.2. IO およびエミュレータースレッドピニングトポロジー (自動設定)

IO およびエミュレータースレッドピニングトポロジーは、Red Hat Virtualization 4.2 で新たに導入された構成設定です。設定するには、IO スレッド、NUMA ノード、および NUMA ピニングが有効で仮想マシンに設定されている必要があります。この条件が満たされていない場合は、警告が engine ログに記録されます。

ピニングトポロジー:

  • 各 NUMA ノードの最初の 2 つの CPU がピニングされます。
  • すべての vCPU がホストの単一の NUMA ノードに属している場合:

    • 最初の 2 つの vCPU が自動的に予約/ピニングされます
    • 残りの vCPU は vCPU の手動ピニングに使用することができます
  • 仮想マシンが複数の NUMA ノードにまたがる場合:

    • 最もピニングの多い NUMA ノードの最初の 2 つの CPU が予約/ピニングされます
    • 残りのピニングされた NUMA ノードは、vCPU ピニング用途に限られます

プールは IO およびエミュレータースレッドピニングをサポートしません。

警告

ホストの CPU が vCPU および IO/エミュレータースレッドの両方にピニングされると、警告がログに記録され、この状況を避けるために CPU ピニングトポロジーの変更を検討するよう要求されます。

4.10.1.3. ハイパフォーマンスアイコン

以下のアイコンにより、コンピュート仮想マシン 画面でハイパフォーマン仮想マシンのステータスが表示されます。

表4.4 ハイパフォーマンスアイコン

アイコン説明

hp vm

ハイパフォーマンス仮想マシン

hp vm next run

「新しい設定が次回の実行時に適用される」状況にあるハイパフォーマンス仮想マシン

stateless hp vm

ステートレスのハイパフォーマンス仮想マシン

stateless hp vm next run

「新しい設定が次回の実行時に適用される」状況にあるステートレスのハイパフォーマンス仮想マシン

vm hp pool

ハイパフォーマンスプール内の仮想マシン

vm hp pool next run

「新しい設定が次回の実行時に適用される」状況にあるハイパフォーマンスプール内の仮想マシン