第4章 その他の設定

4.1. osinfo を使用したオペレーティングシステムの設定

Red Hat Virtualization では、仮想マシン用オペレーティングシステムの設定は /etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties に保管されます。このファイルには、os.other.devices.display.protocols.value = spice/qxl,vnc/vga,vnc/qxl,vnc/cirrus 等のデフォルト値が含まれます。

以下に挙げるシナリオ以外に、これらの値を変更するケースはほとんどありません。

  • サポート対象のゲストオペレーティングシステムの一覧に表示されないオペレーティングシステムを追加する
  • プロダクトキーを追加する (例: os.windows_10x64.productKey.value =)
  • Windows 仮想マシン用の sysprep パスを設定する (例: os.windows_10x64.sysprepPath.value = ${ENGINE_USR}/conf/sysprep/sysprep.w10x64)
重要

実際の 00-defaults.properties ファイルを編集しないでください。Manager をアップグレードまたは復元すると、変更が上書きされてしまいます。

最大メモリーサイズ等の、オペレーティングシステムまたは Manager に直接由来する値を変更しないでください。

オペレーティングシステムの設定を変更するには、/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/ にオーバーライドファイルを作成します。ファイルが /etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties の後に表示されるようにファイル名の先頭を 00 より大きな値にし、拡張子を .properties とします。

たとえば、10-productkeys.properties は、デフォルトのファイル 00-defaults.properties をオーバーライドします。ファイル一覧の最後のファイルが、それ以前のファイルに優先します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。