5.4. 追加ホスト上にセルフホストエンジン用として確保するメモリースロットの設定

Manager 用仮想マシンを終了する、または移行する必要がある場合、Manager 用仮想マシンを再起動または移行するのに十分なメモリーがセルフホストエンジンノードになければなりません。スケジューリングポリシーを使用することで、このメモリーを複数のセルフホストエンジンノードに確保することができます。スケジューリングポリシーは、Manager 用仮想マシンを起動するのに十分なメモリーが指定した数の追加セルフホストエンジンノードにあるかどうかを確認してから、仮想マシンを起動または移行します。スケジューリングポリシーの詳細については、『管理ガイド』「スケジューリングポリシーの作成」を参照してください。

Red Hat Virtualization Manager にさらにセルフホストエンジンノードを追加するには、「追加セルフホストエンジンノードのインストール」を参照してください。

追加ホスト上にセルフホストエンジン用として確保するメモリースロットの設定

  1. コンピュートクラスター をクリックし、セルフホストエンジンノードが含まれるクラスターを選択します。
  2. 編集 をクリックします。
  3. スケジューリングポリシー タブをクリックします。
  4. + をクリックし、HeSparesCount を選択します。
  5. Manager 用仮想マシンを起動するのに十分なメモリーを確保するための、追加セルフホストエンジンノードの数を入力します。
  6. OK をクリックします。