2.5. 検索条件

クエリーのコロンの後に、検索条件を指定することができます。{criteria} の構文は以下のとおりです。

<prop><operator><value>

または

<obj-type><prop><operator><value>

以下の表には、構文の各要素についての説明をまとめています。

表2.3 検索条件の例

要素説明注記

prop

検索対象となるリソースのプロパティー。リソースタイプのプロパティー (obj-type を参照) または tag (カスタムタグ) を指定することも可能。

検索条件に特定のプロパティーを設定 (status プロパティーに関する検索)

Status

N/A

obj-type

検索対象となるリソースに関連付けできるリソースタイプ

データセンターや仮想マシンなどのシステムオブジェクト

Users

N/A

operator

比較演算子

=

!= (等しくない)

>

<

>=

<=

N/A

プロパティーによって、値のオプションが異なる

value

式の比較対象

文字列

整数

ランキング

日付 (地域設定に応じた形式)

Jones

256

normal

  • 文字列内にワイルドカードを使用することが可能
  • 初期化されていない (空の) 文字列を示すには、"" (一組の二重引用符。間にはスペースなし) を使用することが可能
  • 空白を含む文字列や日付は、二重引用符で囲む

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。