1.3. グラフィカルユーザーインターフェースの構成要素

Red Hat Virtualization の管理ポータルは、コンテキストペインとメニューで構成されています。

図1.1 グラフィカルユーザーインターフェースの主要構成要素

AdminPortal

グラフィカルユーザーインターフェースの主要構成要素

  • 1 ヘッダーバー

ヘッダーバーには、ブックマークタグタスクイベントおよびアラートの通知 アイコン、ヘルプ ドロップダウンボタン、および ユーザー ドロップダウンボタンがあります。

ヘルプ ボタンをクリックすると、ガイド (『Red Hat Virtualization Administration Guide』へのショートカット) または Red Hat Virtualization のバージョン情報が表示される バージョン情報 を選択することができます。ユーザー ボタンをクリックすると、オプション または サインアウト を選択することができます。

  • 2 メインナビゲーションメニュー

メインナビゲーションメニューからは、Red Hat Virtualization 環境のリソースを表示することができます。

  • 3 検索バー

検索バーを使用すると、クエリーを構築して、Red Hat Virtualization 環境内のホストやクラスターなどのリソースを検索することができます。システム内の全ホストの一覧のような単純なクエリーや、特定の条件に一致するリソースの一覧のような、より複雑なクエリーを使用することができます。検索クエリーの一部を入力すると、検索構築に役立つ選択肢が提供されます。星印のアイコンは、検索をブックマークとして保存する際に使用することができます。

  • 4 更新間隔ボタン

リフレッシュ ボタンにより、管理ポータルが最新の情報に更新されます。リフレッシュボタンの横にあるドロップダウンリストを使用すると、管理ポータルの更新間隔を秒単位で設定することができます。操作を実行してからその結果がポータルに表示されるまでの時間の遅れを避けるために、更新間隔にかかわらず、操作の実行やイベント発生のたびにポータルは自動的に更新されます。

  • 5 結果一覧

結果一覧に表示される、単一、複数、またはすべての項目に対してタスクを実行することができます。項目 (複数可) を選択し、適切なアクションボタンをクリックしてください。

結果一覧の各コラムを表示または非表示にすることができます。そのためには、いずれかのヘッダーを右クリックしてコラム制御メニューを表示し、該当するコラムのタイトルを選択または選択解除します。コラム制御メニューを使用して、コラムの表示順序を変えることもできます。メニュー内でコラムのタイトルを必要な位置にドラッグアンドドロップしてください。

リソースの名前をクリックすると、その詳細ビューが表示されます。

  • 6 その他の操作ボタン

その他の操作 ボタンを使用して、さらに別のタスクを実施することができます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。