6.3. Red Hat Enterprise Linux ホストへの Cockpit のインストール

ホストのリソースの監視および管理タスクを実施するために、Cockpit ユーザーインターフェースをインストールすることができます。

Red Hat Enterprise Linux ホストへの Cockpit のインストール

  1. デフォルトでは、ホストを Red Hat Virtualization Manager に追加すると、Manager は必要なファイアウォールポートを設定します。詳細については、「7章Red Hat Virtualization Manager へのホストの追加」を参照してください。ただし、ホストを追加する際に ホストのファイアウォールを自動設定する を無効にした場合には、「ホストファイアウォールの要件」に記載の手順に従って、ファイアウォールを手動で設定します。
  2. dashboard パッケージをインストールします。

    # yum install cockpit-ovirt-dashboard
  3. cockpit.socket サービスを有効にし、さらにサービスを起動します。

    # systemctl enable cockpit.socket
    # systemctl start cockpit.socket
  4. https://HostFQDNorIP:9090 から Cockpit インターフェースにログインすることができます。