第2章 Red Hat Virtualization Manager

「Red Hat Virtualization Manager の要件」に記載の条件を満たす Red Hat Enterprise Linux 7 システムに Red Hat Virtualization Manager をインストールします。

2.1. Red Hat Virtualization Manager リポジトリーの有効化

Red Hat Subscription Manager でシステムを登録し、Red Hat Enterprise Linux Server および Red Hat Virtualization サブスクリプションをアタッチし、Manager リポジトリーを有効にします。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    # subscription-manager register
  2. Red Hat Enterprise Linux Server および Red Hat Virtualization のサブスクリプションプールを探し、プール ID を書き留めておきます。

    # subscription-manager list --available
  3. 上記のプール ID を使用して、サブスクリプションをシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=pool_id
    注記

    現在アタッチされているサブスクリプションを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    # subscription-manager list --consumed

    有効化されたリポジトリーを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # yum repolist
  4. すべての既存リポジトリーを無効にします。

    # subscription-manager repos --disable=*
  5. 必要なリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms
    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms
    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhv-4.2-manager-rpms
    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms
    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-ansible-2-rpms
    # subscription-manager repos --enable=jb-eap-7-for-rhel-7-server-rpms

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。