A.10. VDSM フッキングモジュールの使用方法

VDSM は Python フッキングモジュールと共に出荷され、VDSM フックスクリプトのヘルパー機能を提供します。このモジュールは、一例として提供されているもので、Python で書かれた VDSM フックにのみ適切です。

フッキングモジュールは、仮想マシンの libvirt XML の DOM オブジェクトへの読み取りをサポートしています。これにより、フックスクリプトが Python の組み込み xml.dom ライブラリー (http://docs.python.org/release/2.6/library/xml.dom.html) を使用して、オブジェクトを操作することができます。

変更されたオブジェクトは、フッキングモジュールを使用して再度 libvirt XML に保存することができます。フッキングモジュールは、以下のような関数を提供して、フック開発をサポートします。

表A.2 フッキングモジュールの関数

名前引数説明

tobool

文字列

「true」または「false」の文字列をブール値に変換します。

read_domxml

-

仮想マシンの libvirt XML を DOM オブジェクトに読み取ります。

write_domxml

DOM オブジェクト

仮想マシンの libvirt XML を DOM オブジェクトから書き込みます。