16.11. service level agreement ポリシーの有効化

この手順では、service level agreement CPU ポリシー機能の設定方法について説明します。

service level agreement CPU ポリシーの設定

  1. コンピュート仮想マシン をクリックします。
  2. 新規作成 をクリックするか、仮想マシンを選択して 編集 をクリックします。
  3. リソースの割り当て タブをクリックします。
  4. CPU シェア を指定します。設定可能なオプションには、カスタム、および 無効 があります。 に設定された仮想マシンへの割り当ては、 に設定された仮想マシンの 2 倍となります。また、 に設定された仮想マシンへの割り当ては、 に設定された仮想マシンの 2 倍となります。無効 を指定すると、VDSM がシェアの割り当てを決定する旧アルゴリズムを使用するように指示します。このような条件下において割り当てられるシェア数は通常 1020 です。

ユーザーの CPU 消費が、設定したポリシーによって管理されるようになりました。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。