18.7. VDSM 名とネットワーク名のマッピングツール

18.7.1. VDSM 名と論理ネットワーク名のマッピング

論理ネットワークの名前が 15 文字を超える場合または非 ASCII 文字を含む場合には、ホストが使用する論理ネットワークの識別名 (vdsm_name) がシステムにより自動的に生成されます。この名前は、on の文字とネットワークの一意識別子の最初の 13 文字で構成されます (例: ona1b2c3d4e5f6g)。ホストのログファイルに記載されるのは、この名前です。論理ネットワーク名とその自動生成ネットワーク名の一覧を表示するには、/usr/share/ovirt-engine/bin/ にある VDSM-to-Network-Name Mapping ツールを使用します。

手順

  1. 初めてツールを実行する場合には、PASSWORD 環境変数を定義します。これは、Manager データベースへの読み取りアクセス権限が付与されたデータベースユーザーのパスワードです。たとえば、以下のコマンドを実行します。

    # export PASSWORD=DatabaseUserPassword
  2. VDSM-to-Network-Name Mapping ツールを実行します。

    # vdsm_to_network_name_map  --user USER

    ここで、USER は Manager データベースへの読み取りアクセス権限が付与されたデータベースユーザーで、そのパスワードが PASSWORD 環境変数に割り当てられます。

このツールにより、論理ネットワーク名とそれに対応するホストが使用する論理ネットワーク識別名の一覧が表示されます。

その他のフラグ

以下のフラグと共にツールを実行することができます。

--host: データベースサーバーのホスト名/IP アドレス。デフォルト値は localhost です。

--port: データベースサーバーのポート番号。デフォルト値は 5432 です。--database: データベースの名前。デフォルト値は Manager データベースである engine です。

--secure: データベースとのセキュアな接続を有効にします。デフォルトでは、ツールはセキュアな接続を使用せずに実行されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。