18.5. ISO アップローダーツール

18.5.1. ISO アップローダーツール

注記

ISO アップローダーツールは非推奨になりました。Red Hat では、管理ポータルまたは REST API を使用して ISO イメージをデータドメインにアップロードすることを推奨しています。詳細については、「データストレージドメインへのイメージのアップロード」を参照してください。

ISO アップローダーは、ISO イメージを ISO ストレージドメインにアップロードするためのツールです。このツールは Red Hat Virtualization Manager の一部としてインストールされます。

ISO アップローダーのコマンドは、engine-iso-uploader です。このコマンドを使用するには、root ユーザーとしてログインして、Red Hat Virtualization 環境の管理者の認証情報を入力する必要があります。engine-iso-uploader -h コマンドを実行すると、engine-iso-uploader コマンドの有効なオプションの全一覧など、使用方法に関する詳しい説明を表示することができます。

18.5.2. engine-iso-uploader コマンドの構文

ISO アップローダーコマンドの基本構文は以下の形式です。

# engine-iso-uploader options list
# engine-iso-uploader options upload file file file

ISO アップローダーのコマンドは、listupload の 2 つのアクションをサポートしています。

  • list アクションは、ISO ファイルをアップロード可能な ISO ストレージドメインを一覧表示します。Red Hat Virtualization Manager は、インストールプロセス中に Manager がインストールされたマシン上にこの一覧を作成します。
  • upload アクションは、1 つの ISO ファイルまたはスペースで区切った複数の ISO ファイルを、指定した ISO ストレージドメインにアップロードします。デフォルトでは NFS が使用されますが、SSH も利用可能です。

ISO アップローダーのコマンドを使用する際には、上記のアクションのいずれかを指定する必要があります。また、upload アクションを使用するには、ローカルファイルを少なくとも 1 つ指定する必要があります。

engine-iso-uploader コマンドをさらに詳しく指定する数多くのパラメーターがあります。

一般的なオプション

--version
ISO アップローダーコマンドのバージョンを表示します。
-h--help
ISO アップローダーコマンドの使用方法についての情報を表示します。
--conf-file=PATH
コマンドが使用する設定ファイルを PATH で指定します。デフォルトは /etc/ovirt-engine/isouploader.conf です。
--log-file=PATH
コマンドがログ出力を書き込むのに使用する特定のファイル名を PATH で指定します。デフォルトは /var/log/ovirt-engine/ovirt-iso-uploader/ovirt-iso-uploader_date.log です。
--cert-file=PATH
engine を検証するための証明書を PATH で指定します。デフォルトは /etc/pki/ovirt-engine/ca.pem です。
--insecure
engine の検証を試行しないように指定します。
--nossl
engine への接続で SSL が使用されないように指定します。
--quiet
Quiet モードに設定し、コンソールの出力を最小限に抑えます。
-v--verbose
詳細モードに設定し、より詳しいコンソール出力を提供します。
-f--force
強制モードは、アップロードされるソースファイルが、アップロード先の ISO ドメインの既存ファイルと同じ名前の場合に使用する必要があります。このオプションは、既存のファイルを強制的に上書きします。

Red Hat Virtualization Manager のオプション

-u USER--user=USER
コマンドの実行に使用する認証情報のユーザーを指定します。USER は、username@domain の形式で指定してください。指定するユーザーは、指定したドメインに存在し、かつ Red Hat Virtualization Manager が認識している必要があります。
-r FQDN--engine=FQDN
イメージをアップロード元となる Red Hat Virtualization Manager の IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を指定します。イメージアップローダーは、Red Hat Virtualization Manager がインストールされているのと同じマシンから実行されることを前提としています。デフォルト値は localhost:443 です。

ISO ストレージドメインのオプション

以下のオプションは、イメージのアップロード先となる ISO ドメインを指定します。これらのオプションは、同時に使用することはできません。-i または -n のいずれかを使用する必要があります。

-i--iso-domain=ISODOMAIN
アップロード先としてストレージドメイン ISODOMAIN を指定します。
-n--nfs-server=NFSSERVER
アップロード先として NFS パス NFSSERVER を指定します。

接続オプション

デフォルトでは、ISO アップローダーは NFS を使用してファイルをアップロードします。代わりに、以下のオプションは SSH ファイル転送を指定します。

--ssh-user=USER
アップロード時に使用する SSH ユーザー名を USER で指定します。デフォルトは root です。
--ssh-port=PORT
SSH 接続時に使用するポートを PORT で指定します。
-k KEYFILE--key-file=KEYFILE
SSH 認証に使用する公開鍵を KEYFILE で指定します。鍵を指定しないと、--ssh-user=USER で指定したユーザーのパスワード入力が求められます。

18.5.3. NSF サーバーの指定

例18.3 NFS サーバーへのアップロード

# engine-iso-uploader --nfs-server=storage.demo.redhat.com:/iso/path upload RHEL6.0.iso

18.5.4. 基本的な ISO アップローダーの使用法

以下は、ISO アップローダーと list パラメーターの使用例です。最初のコマンドは、使用可能な ISO ストレージドメインを表示します。コマンドでユーザー名を指定していなかったため、admin@internal が使用されます。2 番目のコマンドは、NFS 経由で指定の ISO ドメインに ISO ファイルをアップロードします。

例18.4 ドメインの一覧表示とイメージのアップロード

# engine-iso-uploader list
Please provide the REST API password for the admin@internal oVirt Engine user (CTRL+D to abort):
ISO Storage Domain Name   | Datacenter          | ISO Domain Status
ISODomain                 | Default             | active
# engine-iso-uploader --iso-domain=[ISODomain] upload [RHEL6.iso]
Please provide the REST API password for the admin@internal oVirt Engine user (CTRL+D to abort):

18.5.5. VirtIO およびゲストツールのイメージファイルの ISO ストレージドメインへのアップロード

Windows 仮想マシン用の VirtIO ドライバーを含む virtio-win ISO イメージと Virtual Floppy Drive (VFD) イメージ、Windows 仮想マシン用の Red Hat Virtualization ゲストツールを含む rhv-tools-setup ISO は、ドメインのインストールおよび設定時に ISO ストレージドメインにコピーされます。

これらのイメージファイルで提供されるソフトウェアを仮想マシンにインストールすると、パフォーマンスやユーザビリティーを向上させることができます。最新の virtio-winrhv-tools-setup の各イメージは、Red Hat Virtualization Manager のファイルシステム上の以下のシンボリックリンクからアクセスできます。

  • /usr/share/virtio-win/virtio-win.iso
  • /usr/share/virtio-win/virtio-win_x86.vfd
  • /usr/share/virtio-win/virtio-win_amd64.vfd
  • /usr/share/rhv-guest-tools-iso/rhv-tools-setup.iso

インストールプロセスで ISO ストレージドメインがローカルに作成されなかった場合には、これらのイメージファイルを手動でアップロードする必要があります。ISO ストレージドメインにこれらのファイルをアップロードするには engine-iso-uploader コマンドを使用します。イメージファイルのアップロードが完了すると、仮想マシンにアタッチして使用できるようになります。

以下の例は、virtio-win.isovirtio-win_x86.vfdvirtio-win_amd64.vfdrhv-tools-setup.iso のイメージファイルを ISODomain にアップロードするコマンドを示しています。

例18.5 VirtIO およびゲストツールのイメージファイルのアップロード

# engine-iso-uploader --iso-domain=ISODomain upload /usr/share/virtio-win/virtio-win.iso /usr/share/virtio-win/virtio-win_x86.vfd /usr/share/virtio-win/virtio-win_amd64.vfd /usr/share/rhv-guest-tools-iso/rhv-tools-setup.iso

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。