18.2. engine 設定ツール

18.2.1. engine 設定ツール

engine 設定ツールは、Red Hat Virtualization 環境のグローバル設定値を設定するためのコマンドラインユーティリティーです。このツールは、engine データベースに保管されているキーと値のマッピングの一覧と対話して、個々のキーの値を取得したり、使用可能な設定キーと値の全一覧を取得したりすることができます。また、Red Hat Virtualization 環境の設定レベルごとに異なる値を保管することができます。

注記

設定キーの値を取得または設定するにあたって、Red Hat Virtualization Manager と Red Hat JBoss Enterprise Application Platform が実行中である必要はありません。その設定キーの値とキーのマッピングは、engine データベースに保管されているので、postgresql サービスの実行中に更新することができます。変更は、ovirt-engine サービスの再起動時に適用されます。

18.2.2. engine-config コマンドの構文

engine 設定ツールは、Red Hat Virtualization Manager がインストールされたマシンから実行することができます。使用方法についての詳細情報は、コマンドのヘルプ出力を参照してください。

# engine-config --help

一般的なタスク:

  • 使用可能な設定キーの一覧表示

    # engine-config --list
  • 使用可能な設定値の一覧表示

    # engine-config --all
  • 設定キー値の取得

    # engine-config --get KEY_NAME

    特定のバージョンのキーの値を取得するには、KEY_NAME を対象のキー名に置き換えます。取得する値の設定バージョンを指定するには、--cver パラメーターを使用します。バージョンを指定しなかった場合には、全既存バージョンの値が返されます。

  • 設定キー値の設定

    # engine-config --set KEY_NAME=KEY_VALUE --cver=VERSION

    KEY_NAME の箇所は設定する特定のキーの名前に、KEY_VALUE の箇所は設定する値に置き換えてください。複数の設定バージョンがある環境では、VERSION を指定する必要があります。

  • ovirt-engine サービスの再起動による変更の有効化

    変更を有効にするには、ovirt-engine サービスを再起動する必要があります。

    # systemctl restart ovirt-engine.service